So-net無料ブログ作成
音楽について ブログトップ
前の10件 | -

現代音楽に関するニュース [音楽について]

面白いニュースを読んだ。ドイツ鉄道が駅にたむろするホームレスなんかを寄り付かせないために「無調音楽」を鳴らすという計画があったが、それを取りやめたという。

一体どういう曲を流すつもりだったのか、すごく興味がある。その計画に反対するコンサートを開いたイニシアティヴ・ノイエ・ムジークという演奏家集団の、「そんなもんに使うなよ」と言いたい気持ちはもちろん理解できる。彼らはそこでどんな曲をやったんだろうか。

僕は平均的な人よりは無調などのいわゆる現代音楽に寛大なつもりである。しかしごく普通の人はやはり苦痛なんではないだろうか。げんに僕の周りには、マーラー、リヒアルト・シュトラウスでさえ聴くと頭が痛くなる、と言った人や、ストラヴィンスキーの「春の祭典」に「ああ?なにこれ、うるさいうるさい」、武満徹のギター曲を「わけわからん」、などと僕に投げた人たちがいた。

ましてや、シェーンベルクの12音や、ベルクやリゲティやシュトックハウゼンやクセナキスやなんかは普通の人にとってはもう十分に攻撃的である。僕も、誰の作品だったか、12分の1半音ずつずらして調律した12台のピアノ作品のムービーを聴いていて、めまいと急激な吐き気を催したことがあった。人間の生理に直接、悪影響があるということを実感した。

現代音楽はあまりに高度化されすぎて、音楽的内容を理解したり評価したりということができるのが、訓練を積んだ専門家だけになってしまった。人間のすることはなんでもそうなってしまう傾向があるが、「音楽は人類の共通言語」「音楽は直接心に響く」みたいな幻想があって、音楽だけは一般の人とは無関係な限られたごく少数の人たちのためだけにあってはならない、というような暗黙の認識があるようにも思える。現代音楽はそういうナイーブな思想に対しても攻撃性を発揮する。そして現代音楽の中にはそういう「毒」を意図的に込めたものも当然存在する。芸術とはそういうものである。

僕は、ドイツ鉄道は計画を実行すべきだった、と思う。それは初期的には十分効果を上げるはずである。しかしホームレスたちの一部はそこに居るしかなく、そこに居ると音を聴いてしまう。そして何ヶ月か、あるいは何年かすればそういう音楽に耐性のあるホームレスたちがある割合で現れるはずである。彼らは現代音楽に抵抗がないだけでなく、そのうち音楽として理解し、評価できるようになる。彼らは反芻するうちに慣れ親しんで、知らずしらず現代音楽のボキャブラリを獲得するのである。

イニシアティヴ・ノイエ・ムジークの演奏家たちや現代音楽の作曲たちはあまり理想主義的な反応をしないほうがよかったのではないかと僕は思う。少なくとも現代音楽が音響として空気を震わせる機会は、今も昔も非常に限られている。

そしてイニシアティヴ・ノイエ・ムジークは、耐性を獲得したホームレスたちを新しい仲間として迎え入れたほうがよかったのではないか。少なくともそのほうが今よりも理解者を増やすことができるはずである。

これは皮肉でも冗談でもない。音楽はただ耳に優しく心地よいだけではない、と言うならそれを実証すべきであり、その真の意味を現代音楽の専門家もそうでない人と一緒に考えるべきだ、と僕は思う。そうしないで飯で釣った一過性のコンサートなんかをするほうに僕はむしろ違和感を覚える。
nice!(0)  コメント(0) 

変拍子の音楽 [音楽について]

もう何年か前のことになるんだけど、娘に面白いものを教えてもらった。「赤髪の白雪姫」というアニメ。今ではとっくに終わってしまってるけど、原作は昔懐かしいLaLaに連載している漫画らしい。LaLaってまだあったんだ。

そのアニメの主題歌を主人公役の声優が作曲して自ら歌っている。漫然と聴くとよくわからないけどこれがなかなか面白い。サビは4/4拍子なんだけど、移行部は5拍子で歌のある主部は拍子が複雑に交代している。娘の説によると、いわゆるプログレで育った世代を親にする子供が曲を作るようになって、子守唄がわりに聴いたプログレのせいで彼らに変拍子に対する抵抗がないからではないか、という。

プログレで育ったというとまさしく僕のことで、変拍子には思い入れがある。その話を書こう書こうと思いながら今頃になってしまった。このところ仕事で行き詰まってた問題に見通しが見えてちょっと楽になったのでまとまったものを書こう。久しぶりに渾身の記事である。

ここで「変拍子」というのは2、3、4拍子以外の素数拍子や、1小節ごとに拍子が変化する拍節リズムをいうことにする....

続きを読む


ちょっとしたいちゃもん(音楽と「ことば」) [音楽について]

今日たまたま、森下唯氏という現役の若手ピアニストがブログに「佐村河内事件」のことを書いているのを読んだ。いまごろとりあげるのはちょっと旬を逸ししかけているかもしれないけど、その内容に文句を言いたいわけではない。

彼は冒頭で「...また純粋に音楽を聴くのはいかに難しいかということ。そんな問題についてだ。ここで私は、純粋に音楽を聴くことなど不可能であるのは当然として、そんなことを目指す必要さえない、という主張を述べたいと思う。...」と書いている。残念ながらその主張に関する具体的な説明はその文章には現れない。その後の文章は事件に関する感想と見解を述べていて、その内容はクラシックの職業音楽家らしいと僕は感じるし、ほぼ同意する。

しかし今さきに引用した「純粋に音楽を聴くことなど不可能であるのは当然」「そんなことを目指す必要さえない」とは僕には思えなくてまったく同意できないし、そこを目指さなければ音楽の存在価値はない、と僕は思っている。そのことをちょっと書いておく...

続きを読む


「佐村河内守事件」のこと [音楽について]

「現代のベートーヴェン」と言われる佐村河内守作品の多くがゴーストライターの作だったことが本人の発表で明らかになって大騒ぎになっている。

今日ライター側の会見もあり、この時点でまだ事件は収束していないし、僕が言わなくてもいろんな人がいろんなところでいろんなことを言っているので、僕が言うべきことはあまりない。僕が言いたいのは音楽に対する評価とはなにか、そして音楽は本来、音楽以外のなにものでもない、ということ。

続きを読む


マーラー10番の自筆譜 [音楽について]

今日の午後、IMSLPマーラーの交響曲10番の自筆譜があがっているのに気がついた。昨年暮れに追加されたらしい。みつけたのがうれしくてずっと見ていた。

続きを読む


最近の音楽状況 [音楽について]

一般的な話ではなくて僕自身の周辺について。ジジイなのでアンテナの低さは地を這うよう。したがって実質的な情報源は女房だけ、ということになってしまっている....

しかも震災以降、主催者側の問題もあって面白いコンサートに接する機会もめっきり減った。最後に行ったのはメルニコフのショスタコーヴィチ(これはすばらしかった)で、次はもうラ・フォル・ジュルネの紗矢香ちゃんになってしまう。

続きを読む


シェーンベルクによる「大地の歌」その2 [音楽について]

昨日の続き。マーラーの交響曲「大地の歌」をシェーベルクが室内管弦楽団用に編曲したのがめちゃ面白い、と言う話。

具体的な例を挙げないとピンとこないのでIMSLPの原曲の楽譜を見ながら、シェーンベルクがどういうふうに編曲したかを耳コピを駆使して想像してみる。譜例をあげるので、もしシェーンベルク版の「大地の歌」の録音を持っていたら聴いてみて欲しい、マーラーマニアならきっとびっくりするから。

続きを読む


シェーンベルクによる「大地の歌」編曲 [音楽について]

今日夕方、女房とSkypeで話して、一昨日のシュタイアーのゴールドベルク(音楽堂ではなくてトッパンホールだった)はイマイチだったらしい。女房は演奏と客の態度の両方にダメ出ししてた。最近なんだかコンディションの悪いコンサートに出会うことが多いような気がする。誰もがいつも完璧な状態ではないのは当然だけど...

ところで話は変わって、こないだから女房に録音してもらったマーラー「大地の歌」のシェーベルク版をずっと聴いていた(女房の話ばかりしてるようだな)。演奏は1月8日にアメリカのセントポールでエド・デ・ワールトがやったやつ(ソプラノ/サーシャ・クック、テノール/ウィリアム・バーデン、セントポール室内管弦楽団)。演奏もなかなかいい(Nicol Mattやヘレヴェッヘの録音よりもいいかも)けど、実はシェーンベルクの編曲が非常に面白く、マニア心をくすぐるものであることに気がついた。どこがそんなに面白いのか、を書くことにする。

続きを読む


バッハ「ロ短調ミサ」 [音楽について]

女房から今日チケットが取れたと連絡があった。僕のお気に入りの演奏家であるヘレヴェッヘが6月にヴォカーレヘントをつれて日本に来る。そのお題がなんとバッハのロ短調ミサである。ヘレヴェッへの初来日ではマタイ受難曲をやったんだけど、僕が知ったのは帰ったあとだった。あのときは本当に悔しかった。そのあと、すみだトリフォニーでやったときはかぶりつきで聴いたけど、お題が何だったかもう忘れてしまった。もうこれは何があっても聴きにいかなければ、聞き逃すと絶対後悔する、と思っていた。半年先だけどもう今から楽しみ。

続きを読む


音楽と言語 - その3 [音楽について]

前の続き。

先日トラックバックをもらった方のブログは非常に面白い。言語に関する話は基本的に賛成。この方のサイトは量も膨大で読んですぐわかるというわけにはなかなかいかないけど、自身も言語の専門家ではなく理学系で、僕でも理解しやすい。少なくとも先日読んだ本よりずっと説得力を感じる。

この方は言語を進化の道筋から説明しようとする。チョムスキーをあからさまに否定はしないけれど自転車に乗れるようになるのと同じ「言語の使い手が身体運動の記憶として覚えている語の連結手続きの集合が文法」であると書かれていて、まさしくその通りだと僕も思う。

この方の主張では「発音」という「動作」から言語が発達して、特に人間の「社会性」を重要視している。僕は環境に関する情報処理というソフトウェアから言語ができたと思っているが、その根拠は僕という特に社会性に乏しいサンプルひとつだけの観察によるものなので偏っているかもしれない。しかし「言語」と「動作」の結びつきは僕もその通りだと思っていて、音楽が言語であるという主張の根幹である。それを今日書くことにする。

続きを読む


前の10件 | - 音楽について ブログトップ