So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

献立11/21 [献立]

政治家が「重く受け止める」というのは「とりあえず聞きました」と言う意味らしい。でもまあ石破君のコメントは正しい。

ところでさっき、ぼんやりニュース記事を見ていたらこんなことをいってるやつがいた。ああ、こんなレベルなのか。

TPPについては前にもちょっと書いたことがあったけど、僕がなぜ日本がTPPに参加すべきであるか、と考えている理由のひとつは中国韓国が参加していない、ということ。日本としては中国韓国とは個別のFTAで望むべきだ。中国韓国がTPPに参加したら日本のプレゼンスはほとんどないことぐらい高校生にでもわかる。だから僕でもわかった。

何十年後なのかわからないけど、いずれは世界中で関税はなくなる。というか、他国による経済支配と搾取をなくしたいなら、関税はなくなるべきである(もちろん関税がなくなれば搾取がなくなるわけではないけど)。そのとき僕が生きているとは思えないけど今の若い人が生きている間には必ず実現する。それまでに日本が準備できていないと、世界から取り残されて、現在の発展途上国並みの国力に低下する。それはすなわち2度目の鎖国である。石油を買う金もなく、ましてや代替エネルギーを開発する力もなくなる。ヨーロッパは黄昏れたけど理性で踏みとどまっているが、日本の黄昏に歯止めがあるとは思えない。

TPPはその準備運動に適している。TPPには米国が参加している。できればフィリピンとインドネシアを日本が責任を持って引き込むべきだ。そうすればTPP圏のGDPはEUを超えて、十年後も中国に対抗できるだけの規模を維持できる。

日本では連綿たるビジョンのない農業政策のおかげで米は700%を超える関税が必要になった。このままでは世界的にみて競争力の低い製品から始まって、いずれ日本のあらゆる産業製品はすべて何百%という関税が必要になる。そのとき他国民が日本の輸出産品を買うなんてことがあるだろうか?

例えば今、日本の電気製品は競争力を失いつつある。今の政治家たちのやりかたに従えば3年後にはテレビの輸入関税は100%に達するだろう。それで日本の電機業界が成り立つと思えるか?電機業界の例は極端だけど、他の産業でもまったく同じことである。このまま放っておくとそうなりかねない。さてそのときいったい日本のGDPは中国の何分の一になっているだろう?

TPPに反対する人が多いのは、今の日本に不利になる産業があるからだけど、だからこそTPP内での日本のプレゼンスを高めて少しでも有利な立場を得なければいけない。今の政府のへっぴり腰なやりかたでは参加の意味もなくなりかねない。残念だ。

朝食:
ハムエッグ
煮物揚げ物残り
味噌汁残り
グレープフルーツ
牛乳+コーヒー
1121朝食.jpg

夕食:
キツネうどん
アジの塩焼き
煮物残り
ほうれん草のおひたし
葱豆腐お揚げの味噌汁
1121夕食.jpg
生協で大きなアジが198円だった。ちょっと古めだったけどアジは好きなので許した。

レジでおにいちゃんが
「サバ一匹」
と自信たっぷりに言うので、まさか間違って買ってしまったかとカゴの中を覗き込んだ。ちょっと前にも似たようなことがあった。アジとサバがわからんか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0