So-net無料ブログ作成
日常のあれやこれや ブログトップ
前の10件 | -

NHK「中古品市場」 [日常のあれやこれや]

今週はじめからまた工場に来ていて、今夜ホテルに帰って来てニュースをぼーっと見てた。「メルカリ」みたいなユーザ同士で売り買いする中古品市場が成長しているという。僕自身は使ったことはないけど、飽きたら捨てるというバブル時代の感覚は僕にも馴染めなくて、そういうのはいいことだと思っていた。

例えば、ネットが普及する前、僕らの子供達が小さかったころ、幼児のための服や用品なんかを、女房が知り合いの範囲で使い回すということがあった。子供服なんかはすぐ小さくなってしまうので合理的だと思った。僕が子供の時代は父親や祖父が使っていたおくるみに僕自身が収まっている写真が残ってたりした。製品寿命の方が使用可能期間よりずっと長い、ということはよくあって、それは「ビンボくさい」とかではなくて長い人生の中での最適化と考えることができると思っていた。

そういうのとは全然違う使い方として、番組の中で「Facebookにあげた写真にいつも同じ服を着ていると思われるのがイヤ」なのでメルカリで安い中古品を買う、という話があった。

インスタグラムに上げるために必要以上に盛るなんていうことが普通らしいので、そういうのもあるんだろう。僕は別にそれぞれ好きにすればいい、と思うのでとやかくは言わないけど(もちろん僕自身はそんなのバカみたいと思うんだけど)、その話を聞いて昔の映画のあるシーンを思い出した。

それが何の映画だったかは思い出せない。たぶん小学生のころお袋に連れられて近所の三番館で見たハリウッド映画だったと思う。有閑マダム風の副主人公級登場人物が、パーティに着て行く服を悩んでいる。これは誰それの何々のときに着たし、これはあれで、これはそれで、とワードーローブにずらっと並んだドレスにダメ出しをする。

子供の僕は、大人の女は一度着た服は着ないのか、でもそれなら取っておく必要もないだろうに、となんとなくぼんやりと不思議に思った。

NHKのニュースを見て50年間完全に忘れていた記憶が蘇った。なにがびっくりしたと言って、僕の頭の中のいったいどういうところにそんなものが残っていたのか。最近数ヶ月から数年レベルの記憶がすっぱりと抜け落ちて他人から「あの時お前はこう言った」「こんなことをした」と言われて反論どころかウロがきて何の反応もできないということがよくある。

できることならそんな大昔のどうでもいい記憶領域を中期記憶のために使い回せないか、と切実に思ってしまう。

「メルカリ」に「余った記憶領域売ります」とかいうのはないだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

ベンチャースパコン社長がNEDO助成金詐欺で逮捕 [日常のあれやこれや]

PEZY Computing社長が逮捕されたと言うニュースを知った。NEDOの助成金にApplyした人なら多分みんな感じてるんじゃないかと思うけど、僕はなんで?と思ってしまった。
NEDOの審査を普通に通って、しかもスパコン性能を騙ったわけではなくてちゃんとした評価の結果、目標を達成しているのにどういう詐欺なんだろう。その社長が単なるファンドマネジャだという指摘もあるようだけど、架空の数字ではなく実際に動作させた結果で性能評価されてるはずだし、予定していたメモリデバイスが使われなかった、と言ってもそんなもの結果オーライのはずだし。

NEDOの助成金を申し込むならみんないいことばかり盛り込んでどこまでほんとだか本人にさえわからないのが普通だろうし、開発が最終的に失敗したとしてもそれが詐欺だとはみなされない。仙台にいたころ、ほとんどSFみたいなテーマなのに助成金を手に入れた連中を僕は身近に知っている(あれはNEDOじゃなくてA-STEPだったか。どっちにしてもそれがどうなったかは知らぬが花)。

研究開発なんて失敗したら結果的には詐欺みたいなものである。件の社長は成果をそれなりに出しているのに、それより悪質な犯罪行為っていうのが想像できない。前の会社で二十数年間ずっと研究開発を続けているという連中がいたけど、僕から見るとそのほうがずっと悪質に思える。あとは数の違いぐらいしかないんじゃないのか。ほんとのところはなんなんだろう。よくわからない。誰か解説してくれないかな。
nice!(0)  コメント(0) 

白鵬への厳重注意 [日常のあれやこれや]

さっき工場での仕事から帰って来てホテルでテレビを見ていたら、ニュースで白鵬への厳重注意があったとのことを知った。いちいちうるさいわい、という気が僕はする。生中継を見ていた僕には、いつもいい子ちゃんだった白鵬の正直な本音の吐露と言うふうに見えた。

それを相撲協会はいかん、と言う。白鵬はむしろもっと具体的に言いたかったんだけど、さすがにそれはまずいのでああいう言い方になったんだ、と僕には思える。相撲協会は、お前はガタガタ言うな、いい子ちゃんでいろ、と言っているに等しいと僕は思う。

「横綱の品格」とか言うけど、それは別の次元の問題へのすり替えじゃないのか。昔、朝青龍への批判が多くて、最後には暴力問題で自らやめたんだけど、実態は朝青龍の方がキレてケツをまくった、というふうに当時の僕には感じられた。

白鵬がケツをまくるような事態になる可能性低いとは思うけど、仮にもしそうなったら、相撲という業界の腐臭に耐えられなくなった、と解釈すべきだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

macOSのバグ [日常のあれやこれや]

今朝、ホテルの部屋でテレビのニュースを見てると6時過ぎにmacOSのセキュリティ脆弱性のニュースをやってて驚いた。最近はAppleのニュースがない日はむしろ珍しいだろうけど、macOSのテレビニュースなんてほんとにめったにない。その中身があまりにレベルの低いバグなので、NHKニュース以外にもいろんなところでイジられているようである。

しかしこんなバグどうやったらできるんだ?ターミナルからだとどうなるんだ?GUI固有だとするとroot権限を得る手段がsetuid/setgidを経由する以外にあるということなのか?それっておかしいだろ?

最初にツィッタにあげた人がAppleに報告する前におおやけにしてしまったので、それを非難する声があるみたいだけど、普通の企業が普通のシステムでこんなバグを出したら、見つかった時点で後先関係なく即死廃業は間違いない。

デフォルトでrootが存在しないかのようにしたせいで、どこかに矛盾ができたのかもしれない。今日午前中にAppleからパッチが出たようだけど、権限取得移譲のメカニズムの矛盾だとすると、根は深くてパッチだけですまない可能性が高い。

昔のOS Xは小さくてシンプルだった。今のmacOSはAppleのmacOSセクションにとって大きく複雑になりすぎてるんじゃないのか。さらに、開発工数の比重がiOSに偏りすぎているというのもあるんじゃないのか。

僻みで言っているわけではないよ。いや、やっぱりひがんでるか。いずれにせよ、僕はmacOSを愛しているので、今回のバグは悲しい。
nice!(0)  コメント(0) 

「ブレードランナー2049」 [日常のあれやこれや]

久しぶりに娘を誘って新作「ブレードランナー」を見に行った。映画はともかくとして、右隣からずーっと香ばしいポップコーンと、鳥の唐揚げに使うような香辛料の匂いが漂ってきていた。

主人公が感情移入検査されているシーンや、レプリカント会社の社長が秘書レプリカントを前にして哲学的な独白をするシーンとかでもずっとその、ポップコーンと唐揚げの匂いがするんだぜぇ。まったくもう。さっさと食って片付けるとかしないカップルらしくて、映画が始まってから1時間以上経って冷めてしまってるとしか思えないのに、ずっと同じ匂いがしていた。

アメリカ人かよ。
nice!(0)  コメント(0) 

工場でニュースを読む [日常のあれやこれや]

「鉄の天井」???
普通の大人なら「私が調子こきすぎました」と言うとこなんじゃないの?
nice!(0)  コメント(0) 

選挙と台風 [日常のあれやこれや]

今日午後家族4人で雨風の中を投票に行ってきた。下半身がぐしゃぐしゃ水浸しになって帰ってきた。

選挙のあと、投票のためにうちに帰ってきた娘と話した。政治の話ではなく(小選挙区制は最悪という話はしたけど)選挙のたびに思うんだけどなぜ政治家たちはPA(Public Address)を整備しないのかということである。今回の選挙でもニュースや街頭で彼らが演説する姿を見た。たいてい割れた音で聞きづらい。勢いはあるかもしれないけど、何を言ってるのか聞き取りにくい。特に僕は若い頃突発性難聴を患って耳が悪いせいもあるけど。

街頭でエコーキャンセルは無理だとしても、ちょっとしたイコライジングで聞き取りやすさはずっと改善するはずである。そしていつも気になるんだけど、みんな必ずマイクを束にして持っている。マイクにつながるシールドケーブルは非常に重いもので、束になると捧げ続けるのにも力がいるし、体の動きはかなり制限される。また、束になったマイクのせいで顔の下半分は聴衆からは見えづらくなる。

例えば下の写真を見てもらいたい。
1022publicaddress.jpg

上の小池君の右手は挨拶するように上げられているが左手は死んでいる。またマイクのせいで口元は見えない。下の聴衆から見れば顔半分がマイクに隠れるはずである。一方トランプ君は両手がフリーで(上からのショットのせいもあるけど)顔全体を見ることができる。ニュース映像を見てもらえばわかるけど、トランプ君が演説でマイクを手にしているシーンはほとんど見つからない。巨大なフットボールスタジアムでの演説であっても音が割れることなんてないし、録音では完璧なエコーキャンセルがされている。語られる内容は別にして、トランプ君の方が人を説得しようというボディランゲージが感じられる。

前大統領のオバマ君も全く同じで、上半身は完全フリーで小さなマイクが2本肩のあたりを狙っているだけ以外のシーンを探すのは難しい。一方、日本の政治家の演説のニュース映像で、両手をフリーにしたシーンを僕は見たことがない。前も書いたけど技術的には米国でできることが日本でできないなんてことはない。

政治家は人を説得するのが仕事のひとつである。そのときに話す内容にも増して、顔の表情やボディランゲージは重要だし、ましてや話す言葉が聞き取れない、なんてことはもってのほか、のはずである。なのに彼ら日本の政治家たちはそろってそういう「他人に伝える」という姿勢に無頓着なように見えるのはなぜなのか?

状況からそうせざるを得ない、という話をよく聞くが、それは本末転倒である。なんのための演説なのか。PAとは音楽ライブやステージ用語ではなく、本来は演説のためのものだった。

たったそれだけの障害のために彼らの訴えは言葉を組み立てた論理としてではなく、我々には音響の塊としか認識できない。主張する人間としての表情は奥まったところに隠されて、何か言ってる、ぐらいにしか我々には伝わってこない。

そもそも、演説でのPA整備なんていう簡単な、技術的には何の問題もない事柄さえ状況に絡め取られて改善できない人に、改革を訴えられても「そりゃ無理だろ」「心にもないことを」としか思えない。

今回は台風のせいでまたさらに投票率が下がるんだろうけど、それは投票する側の問題だけでなく、される側の姿勢にも大きな問題があるとしか僕には思えない。


ところで、低気圧が急速に近づくと、僕は子供のころの膝関節炎のあとがしくしく痛む。なぜかはよくわからない。また耳の患いのせいかいっしょに頭が痛くなることもある。今回の台風はそれがひどい。なのに明日は朝から工場出張なんだよな。

厳しい。
nice!(0)  コメント(0) 

火星の北極の地形 [日常のあれやこれや]

14年3月のタイムスタンプなのでかなり旧聞になるけど、こんなのを知った。
1017mars.jpg
MROが火星の北極を撮影したもので、20m幅で高さ1mほどの二酸化炭素と水の個体の小山が何百キロも連続しているらしい(しかしHiRISEカメラの解像度すごいな。ここに人が立ってたらわかるってことじゃん。寝転がってたら体型までわかる。反射型の勝利なのか)。

これってスペックル模様じゃん、と思った...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

macOS10.13でNSSavePanelが作れない [日常のあれやこれや]

先週自分のMacBook Pro、iMacとそれから本社にあるデモや調整用の設備に使っているMac mini数台を一斉に10.13に上げた。MBPはファイルシステムがAPFSに変わっていた。HDDやハイブリッドHDDはHFS+のままになってる。中身が入ったままファイルシステムを変更するなんてどうやるんだろう。HFS+とAPFSはi-nodeの構造が違うだけで、もとのHFS+の中身は保ったままi-nodeだけを書き換えるんだろうか。MBPのSSDは128GBで残り10GBぐらいでずっとやりくりしてるので、そんなやりかたでないと無理だよな。

まあそれはいいとして、10.13に落とし穴が待っていた。
    NSSavePanel *savePanel = [NSSavePanel savePanel];
ただこれだけで、クラッシュする。最終的に__NSDictionaryMという内部クラスのオブジェクトにnilが代入されることで例外が発生していた。こんなのごく普通に使ってきたので、まさかこれだけでダメになるなんて思ってもなかった。たしかに10.12でも特定の設備用アプリでsave panelを作るたびにlogに変なゴミが溜まっていくな、とは思っていた(関係ない文字列でキー値コーディングを呼んだ、というんだけど僕の知らない文字列ばかり)。けどそれでも動いていたのでそのうちによく見よう、と思いながらほったらかしになっていた...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

カズオ・イシグロの文学賞 [日常のあれやこれや]

今年のノーベル文学賞はカズオ・イシグロだとニュースで知った。彼は僕と同世代で、SFと分類される作品もあるのでいくつか読んだことはある。SFというよりはかなり濃いめ恐ろしめのファンタジーという印象で、でももう読んだのは昔のことなので中身は全然覚えていない。

まあ、とはいうものの去年のボブ・ディランに比べれば随分まっとうに思える。さすがにノーベル文学賞に揺り戻しがあった、という感じがする。その意味でずっとよかった、と僕は思う。あまりに恣意的な選出はもうやめるべきだろう、というかもうたくさんである。そして、カズオ・イシグロにやれるなら安部公房やスタニスワフ・レムが生きてるうちにやれたのではないか、とも思う。何度も書くけど。ほんとに何度も書くけど。

でもニュースでの、まるで日本人が賞を受けたかような扱いに違和感を覚える。南部さんがノーベル物理学賞を受けたときのニュースの扱いに感じたような違和感である。ことさらに日本人あるいは日本をルーツに持つことを強調しなくても、その人それ自身として評価できないものか、と思う。

僕はカズオ・イシグロ作品の全部を読んだわけではないけど、僕以上に彼の作品を読んでない人が、だから日本人はエラい、と言うようなニュアンスの発言をするのは、なんだかなあ、と思ってしまう。
nice!(0)  コメント(11) 
前の10件 | - 日常のあれやこれや ブログトップ
メッセージを送る