So-net無料ブログ作成
光線追跡エンジンを作る ブログトップ
前の10件 | -

厳密な光線追跡 - その23 [光線追跡エンジンを作る]

前回まででMathemaitcaパッケージの形に光線追跡の基本的な部分はとりあえずはできたんだけど、イマイチ気に入らない。いちおうオブジェクト指向風、というかMac OS XのCore Foundation風に書くことはできて、比較的シンプルなコードにはなった。

どこが気に入らないかと言うと、
  1. まだシンプルさが足りなくて、ごちゃごちゃしているところがある
  2. 実行効率が悪い
のふたつである。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その22 [光線追跡エンジンを作る]

なんだかいつものように、ちんたらしたペースになってる光線追跡エンジンをMathematicaに実装する話の続き。

前回まででMathematicaパッケージのメカニズムをしてきた。今日はそのまとめとして、なるべく簡単にパッケージを作る、という話と、それで実際にどうなるのか、という話。

次回はこのシリーズの最終回としてオブジェクト指向風にMathematicaで実装した光線追跡エンジンのパッケージをここで披露したい。忘れなければ。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その21 [光線追跡エンジンを作る]

前回Mathematicaパッケージの基本的な構造を整理した。今日はパッケージを読み込むしくみについて。Javaとそっくりなメカニズムを使っている、ということ。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その20 [光線追跡エンジンを作る]

Mathematicaに光線追跡エンジンを書くという話の続き。Mathematicaでオブジェクト指向の基礎を実装する話をしたので、それをフレームワークのようにまとめるためのMathematicaパッケージのメカニズムと具体的な実装方法の話。前回Mathematicaコンテクストのメカニズムを簡単に整理した。今日からMathematicaパッケージを作る方法について。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その19 [光線追跡エンジンを作る]

前回はパッケージを作るためには知らないといけないコンテクストとは何か、ということをまとめた。今日はそのコンテクストを操作する方法について。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その18 [光線追跡エンジンを作る]

なかなか進まないMathematicaによる光線追跡エンジンの実装。前回、使い回しするつもりのMathematicaコードはパッケージとしてまとめておいたほうがいい、ということになった。Mathematicaのパッケージの作り方をまとめる前に、Mathematicaのコンテクストについて整理しないといけない。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その17 [光線追跡エンジンを作る]

前回は僕なりにMathematicaでオブジェクト指向なプログラムを考えてみた。今日はオブジェクトにしたくないオブジェクト(へんな言い方だけど)を考えてそのあと、具体的な実装を始める。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その16 [光線追跡エンジンを作る]

前回までで、光線追跡エンジンのオブジェクト設計をいちおう終えた。それほど複雑ではない。今日は僕なりのMathematicaのオブジェクト指向スタイルについて。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その15 [光線追跡エンジンを作る]

前回、光線追跡エンジンの大まかなオブジェクト設計をした。比較的簡単で素直にできた。その中で、中間的なオブジェクトやお互い保持し合うオブジェクトがある。もう一度整理をかねてまとめておく。最近この程度でもすぐわからなくなってしまう。思考力の老化はひたひたと。おおぉ、自分で書いときながらむちゃ、怖いわ。

続きを読む


厳密な光線追跡 - その14 [光線追跡エンジンを作る]

前回からMathematicaに実装する光線追跡エンジンのおおまかなオブジェクト設計を始めた。あまりCodeVやZemaxなんかの概念を引きずらないで、プログラミングのしやすさを前提に考えることにした。

というかまあ、そういう姿勢はいつもの通りで、自分のやり方に素直なほうがきれいに書けるし、とちゅうでいやになりにくい。もちろんそういうやりかたが失敗することもよくあるけど。

続きを読む


前の10件 | - 光線追跡エンジンを作る ブログトップ
メッセージを送る