So-net無料ブログ作成

なつかしい「The Manhole」 [昔話]

仕事に使っていたワークステーションからMacに強制的に乗り換えさせられたあと、ある人が仕事とは関係ないフロッピーディスクの束を僕に貸してくれた。その人は乗り換え指示をした僕の直属の上司の会社での友人で、別の部署の当時課長(社内では数少ない光学の先輩)だった。その人は社内では珍しく僕より先にずっとMacを使っていた...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

静力学がわからなかった [昔話]

僕は子供の頃(つまり半世紀前)、理科と図工が得意だった。普段からちまちまと手を動かして何かを作るのが好きだったので、器用に手先を使う訓練を積んでいたことがたまたま図工にはよかったんだろう。また、理科は物理的な分野だけでなく、化学的、生物学的な分野でも得意だったが、それがなぜだったかはよくわからない。一方で、算数は自分ではわかったつもりだったけど、計算をすぐ間違うので成績は悪かった。国語では設問とその答えが頭の中で全く結びつかなかったし、社会なんかはそもそも何を話題にしているのかさえ理解できなかった。

さらに、小学校中学と僕は授業中にほとんど質問をしたことがなかった。わからないというと先生はたいてい
「どこがわからないのか」
と質問した。それにどうしても答えられなかった。わからないことにここもあそこもない、と思ったのでつい
「....全部が....」
と言ったときには先生は怒りだした。子供の頃の僕は自分の疑問点を特定して言語化する能力を完全に欠いていた。

親しい友達もわずかしかいなかったし、その数少ない友達には成績が少しでもマシなのも皆無だったので、小学中学と僕はわからないところは自分で解決するか、できない場合には放置するという癖がついた。いきおい放置することが多くなって、そのあとは授業についていくことができなくなった。することもないので授業中ずっとぼーっとしていた。

中学になって、得意だった理科でわからないことがでてきた。はたから見るといつもの通りただぼーっとしてるように見えただろうけど、僕の内面はほとんどパニックだった....

続きを読む


「天空のリング」記事の仮想記憶に関する訂正 [昔話]

昨日の記事の最後の方にアポロコンピュータの仮想記憶を2個のMC68000で同じ命令をずらして実行して実現している、と書いた。これはずっと前アポロがまだ存在していた頃聞いた話だった。が、今になってなんかおかしいな、と気がついた。CPUの内部状態も含めてコピーしてこないと実行を続けられない。それができればそんな面倒なことをしないでもページフォルトの処理はできるんじゃない?

ということで今日会社で調べてたらやっぱり間違っていたということがわかった。一番わかりやすいのは、簡潔で親切な記述のこのページの最後の方の解説。「1命令遅延」説はたまたま同じCPUが並んでたのを見た人がそう思い込んだのかなあ。僕は「1命令遅延」説はアポロの日本法人の営業の兄ちゃんから「昔はこんなことをしていた」みたいにして聞いたような気がする。それともHPのすごいおしゃべりな営業の兄ちゃんの方だったかな。あのころはOSからなにからメーカごとに全然違っていてそうやって話を聞くだけでも面白かったけど。

その直後のソニーのワークステーション「NEWS」ではMC68020が2個並んでボードに乗っていた。これを見たらなんて言うんだろう。こっちはカタログにはっきりと「片方はI/O処理用」と書いてあったっけ。

ということでお詫びして訂正します。

西之園さん [昔話]

こないだお読み終わった「すべてがFになる」には主人公の一人として西之園萌絵という二十歳前の少女が活躍する。
中学のときの同級生に西園(にしぞの)さんと言う女の子がいた。

続きを読む


第1宇宙速度 [昔話]

今から40年前、僕が中学生のときに夏休みの自由研究というのがあった。同級生は皆いいかげんに昆虫や花や雲を観察した。2学期の初めの理科の授業でそれぞれ発表することになった。確か僕は蜘蛛を箱に入れて巣を張るのを観察する、とかいって箱にその辺でつかまえた蜘蛛を入れたら翌日全部いなくなりました、なんていうお粗末なものだったと思う。

その中で、誰がやったのか忘れた(顔は思い出すが名前はわからない)のだけど、今でも覚えている発表がある。

続きを読む


「レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ」の音楽 [昔話]

先日、N響アワーでメシアンとは全然関係ないのに思い出したヴォーン・ウィリアムズについて、ちょっと。

続きを読む


子供の頃に聴いた音楽 [昔話]

小さい頃、図書館勤めの父親が子供の教養のためと思ってか、レコードを借りてきてくれた。父親の借りてきてくれるレコードのおかげで小学校の4、5年の頃ベートーヴェンの交響曲に心酔してしまった。

続きを読む


クレーで思い出した事 [昔話]

15、6年前にグッゲンハイム美術館展が池袋に来たとき、幼稚園に入ったばっかりくらいの娘を連れて見に行った。出かける前日の夜に美術館展のパンフレットを娘に見せて「これがミロ、人形が体操してるみたいだねえ、こっちはモンドリアン、いろんな色のガムテープを貼ったみたいだねえ、これはタンギー、海の底みたいだねえ、明日これを見に行くからね」と予習をさせた。
翌日比較的すいていた会場でちっこい女の子が「あっ、おとうさんカンディンスキーだ!」「ホラホラこっち、クレーだ!」とか言いながら走り回る事になって、周りの人を驚かせた。

会場を出た所の椅子に座って休んでいると娘にじいさんがしゃがみ込んで「お嬢ちゃん絵は好きなの?」、僕に五、六十ぐらいのおばさんがよってきて「お宅のお嬢さんはすごいですねえ」

僕は「はっはっは。私が好きなもので娘もこのように」とか答えて鷹揚に笑ってみせた。あの人たちはまさか一夜漬けだとは思いもしなかっただろうなあ。

そのときのグッゲンハイム展は好きな絵がいっぱいあったので一人で見に行き直した。


ハリウッド映画 [昔話]

映画を見て思い出した。

子供の頃母親に連れられて三番館に映画を見によく行った。なぜか二つ下の弟は一緒ではなく、母親に一人でつれられて行った。

続きを読む


カレーを食べて思い出したこと [昔話]

昔出張で何度もシンガポールに行った。
シンガポールには工場があって、そこに生産展開するためだったが、仕事の話はどうでもいい。

シンガポールに行きたてのころ、当時現地のシンガポーリアン技術者とは僕も含めてみんな仲がよく、しょっちゅう彼らに食べに連れて行ってもらっていたが、たまたまある休日に日本から来ているメンバーだけで食事しに出かけた。カッページプラザ(今でもあるんかいな)かどこかだったと思うが、そこのインド料理屋に入った。

続きを読む


メッセージを送る