So-net無料ブログ作成
検索選択

iMacのレスポンス低下とその対策 - その1 [日常のあれやこれや]

僕は昔(2014年3月まで)仙台にいたころプライベートに使っていたiMac(12.5-inch,late2012)を会社のオフィスに持ち込んで、もう1台今の会社で買ってもらったMacBook Pro(Retina 13-inch, Late2013)を普段用に持ち歩いている。

Macなどまかりならん、存在すら許さん、という前の会社とは違ってそんなこと誰も気にもしないので、仕事に気楽に使わせてもらっている。iMacのほうは当時の最下位機種とはいえCPUが4coreの2.7GHzでディスプレイも広いので、長い計算を走らせっぱなしにするか、そうでないなら会社で自分の机の前ではiMacを使って、iMacのそばから離れたときはMacBook Proの方を使う、という感じになっている。

一方で、会社での光学的な実験や組み立て調整用の設備は、ここ2年ほど僕がすべて構想/設計してプログラムしている。それらのうちGigEなどの無圧縮カメラの接続が必要な設備のホストには今のところすべてMac miniを使っていて、もうそれが5台も溜まってしまった。そう言う状態に対しても誰からの文句もない。ようするに設備が機能を果たせばそれでいい、ということである。

使うsdkをホストごとに変えるなんてことはしたくないし、OSのバージョンは統一されていた方が問題は少ないはずである。そこでこないだまずiMacとMacBook ProをmacOS 10.12 Sieraに上げた。このあと順次転がってるMac miniを同じように上げる。僕はSieraで導入されたAPIを使わないといけないというようなことはなかったのでやりたくなかったけど、まもなく6台目を入れる必要があってそれには当然Sieraが乗ってくるるのでしかたなく(ハードウェアはアップデートされてないので10.11でもインストールできるかもしれないけど)。

SieraにあわせてXcodeも8.2.1に上げた。普通のunixなら/usrにある開発用のディレクトリやドキュメントを取り込んだりというせいもあるけど、それ以上にXcodeの肥大化が著しい。

というふうにOSやいろいろなアプリケーションをアップデートしたり新規に入れたりしているうちにiMacがどんどん遅くなってきた。

今回は思うこと考えたことを交えながらチンタラと書くことにする。それって、いつもの通りじゃん.....

続きを読む


メッセージを送る