So-net無料ブログ作成

Raspberry Pi用pigpio Library - その9 [Raspberry Pi]

pigpioライブラリの概観(その1その2その3その4その5その6その7その8)の続き。あと残りはもうすこしだけ。今日はwaveformとpthread関連について。

続きを読む


「宇宙は「もつれ」でできている」読了 [読書]

ルイーザ・ギルダー著、山田克哉監訳、窪田恭子訳、ブルーバックス。
0121entangle.jpg

部分的にはそこそこ面白かった。いや、変な感想だな。いいんだか悪いんだかわからない.....

続きを読む


キット・アームストロング ピアノ・リサイタル [クラシック]

女房が注目している若手のひとり(世界的に売り出している若手はいちおう全部注目するらしい)キット・アームストロングのコンサートが昨夜浜離宮ホールであったので二人で行ってきた。
kitArmstrong.jpg

不満はいろいろあるけど、若い人の演奏を聴くのはやっぱり楽しい....

続きを読む


稀勢の里優勝決定 [日常のあれやこれや]

やっと、優勝。
なぜか、タイムリーにこんなものが。
0121kise.jpg

一方で琴奨菊が去年は優勝今年は関脇落ち。今日の白鵬は足腰が弱いように見えた。今場所は幕内で4人も途中休場が出た。そのうち二人は横綱だし。ちょっと気になる。

YouTubeの「あなたにおすすめ」 [日常のあれやこれや]

これまでYouTubeのトップをブラウズすると、「あなたにおすすめ」にはいつも、UFOムービー、ドラレコの事故シーン、深海から引き上げられたUMA、心霊写真集、映画の怖いシーン集などなど、そういったのがなぜか真っ先に表示されていて、なんかYouTubeって殺伐としてるなあ、とずっと思っていた。これまでとくにそういうのばかりYouTubeで見ていたとは思えないんだけど、ずいぶん前からずっとそうだった。

ところが今日になったらトップのすべてが「【新番組】「キラキラ☆プリキュアアラモード」予告~」「Pretty Cure Dream Stars! Preview」「 映画「ポッピンQ」卒業ソング」「 魔法つかいプリキュア! 第49話予告 「さよなら…魔法つかい!奇跡の魔法よ、もう一度!」」「映画 『ポッピンQ』ダンスアニメーションPV」などなど、まったく、完全に、一変してしまっていた。

履歴を反映しているんだろうとは思うんだけど、昨日たまたま東映アニメーションの公式チャンネルを見に行っただけで、この変わりよう。そうか、なるほどなあ。ようするに、そういうことなんだよなあ。何事も商売だよなあ。「わてはなにわのあきんどだす」やなあ。

ふぉとしょじみた半透明の白いローブの女が階段を降りてるところや、巨大UFOがビルの向こうに現れてるところや、家族団欒の後ろで黒い男が逆さまにぶら下がってるところといったサムネールが並んでたのも悪くはなかったなあ、と今になって思ったりして。

「キラキラ☆プリキュアアラモード」 [日常のあれやこれや]

自分の住んでる横丁が地球全体と同一視されるようになる話を見ながら、そういえばプリキュアのシリーズ替えの季節だな、と思っていたら、次は「キラキラ☆プリキュアアラモード」だそうである。今季の「魔法使いプリキュア」はなぜかイマイチ萌えなかった(今までは萌えたのかよ)ので、次はどうかな、と思う。

プリキュアはコスチュームがどうもどんどんデコラティブになっていて「いくらなんでも」と感じるようになってしまったのが僕にとっての一番の問題。「アラモード」では「スイーツ」×「アニマル」だそうである。なんのこっちゃわからん。

僕は甘いものは基本的には好きなはずなんだけど、チョコ一口ケーキのホイップクリーム一つまみ羊羹一欠片食べただけでしばらくすると胸焼けが起こって半日苦しむようになってしまうので、ほんのおしるし程度にしか食べない。甘いものは苦手と言っていい。

今度のはキュアカスタードが首を傾げながら

「みんなも作ってアラモード」

とか言って締めるんだろうか。いや、それはない。

Raspberry Pi用pigpio Library - その8 [Raspberry Pi]

pigpioライブラリの概観(その1その2その3その4その5その6その7)の続き。今日はBitbang SPI、I2C、シリアルについて。

続きを読む


Zeta関数の立体視 [日常のあれやこれや]

今年の年号「2017」は306番目の素数である。「博士の愛した数式」に出てくる数学者のように「ああ、2017は4を法にして1と合同だからふたつの平方数の和としてあわらすことができる素数だ。いや、それは決して珍しいことではない、ふたつの平方数の和で表すことのできる2017以下の素数は147個もある」などというともっともらしいかもしれない。

だからというわけではないんだけど、ちょっとしたきっかけで、正月の間の食っちゃ飲んで寝の繰り返しの中で Riemannのゼータ関数の振る舞いをMathematicaを使っていろいろ眺めていた。解析接続とはなんと不思議で強力な道具なんだろう、と改めて思った....

続きを読む


あけましておめでとうございます [日常のあれやこれや]

近代美術パロディ年賀状シリーズ(いつのまにシリーズになったのかって?)。今年はキース・ヘリング風。
キース・ヘリング風.png
今年もよろしくお願いします....

続きを読む


メッセージを送る