So-net無料ブログ作成
検索選択

Appleのドキュメント [日常のあれやこれや]

いつからかは知らなかったんだけどAppleの開発用ドキュメントからObjective-CのReferenceがなくなってSwiftだけになっていた(Xcodeからは古いAPI Referenceで両方が表示される)。そうかあ、やっぱりAppleだなあ。最近Raspberry Pi向けのほとんどC(ちょっとだけC++とJavascript。やっぱりC++は僕には難しい)か、Mathematicaばっかり書いてたので全然知らなかった。

macOSでもCoreMLみたいな新しいAPIはObjective-Cのドキュメントは用意されないだろうとは思ってたけど、こんなに早いとはね。しばらくはドキュメントがなくてもObjective-Cから呼べるだろうけど、公式のヘッダはないだろうし当然もうこのあとは放置プレイだろうから乗り換えを考えないといけない。

でも、思えばObjective-Cに慣れるまでずいぶんかかったんだよなあ(そういえばBOOLのYES、NOがいつまでも気持ち悪かったのを思い出した)。やっとObjetive-Cらしい言い回しができるようになったと思ってたらこれだもんなあ。

Objective-CとSwiftでは、例えばC++との違いに比べれば違うとは言えないくらいだし、APIの切り口は同じでランタイムも同じものを呼ぶので字面の違いだけだ、と言ってもいいくらいだし、確かにObjective-C3.0とか言い出すくらいならSwiftのほうがスッキリすることは間違いない。なんだけどやっぱり「慣れ」というものがあって、的確な表現ができるようにならないと書くのにも時間がかかるし、なんといってもあとから読みづらい。ほんの少し時間が開くだけで、自分が書いたとは思えなくなってしまうので「読みやすさ」は僕にとってはすごく大切なんだよなあ。

しかたないなあ、ちょっとずつ勉強し始めるか。なんか書くネタがないとダメだけど、最近macOS専用のって書く仕事がなくなってるしなあ。他にすることはいっぱいあるしなあ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

nil

拝読させて頂いております.
ヘッダー右の虫眼鏡の下にある矢印(\/)をクリック、 Language から Objective-C を選択可能です.ご参考まで.
(フラットデザインになってから何がボタンか分かりにくくなったと思います.)
by nil (2017-06-14 03:29) 

decafish

コメントありがとうございます。
ほんとだ、でてきました。知りませんでした。ありがとうございます。

この前の、ただアルファベット順にクラスのドキュメントが並んでいるだけのよりずっと見やすくなったのに、Swiftだけかよ、と思ってました。これだったらXCodeのReferenceもこっちに切り替えてもらった方がいいですね。

いや、でもやっぱりいずれはSwiftに乗り換えないといけないというのはわかってるんですけど.....
by decafish (2017-06-14 08:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る