So-net無料ブログ作成
検索選択

N響アワー「コウトのトリスタンとイゾルデ」 [音楽について]

今夜のN響アワーではイルジー・コウトがN響を振ってワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」の「前奏曲」「第2幕」「愛の死」をやってた。

コンサート形式でこの第2幕だけをやるというのは他でも見たことがある。「トリスタンとイゾルデ」の核心部分だし、登場人物が極端に少なくてほとんどトリスタンとイゾルデの二人だけだし、どっちみち動きの少ない劇なので、生半可な演出に従うよりかは歌曲のように指揮者の両側に突っ立って歌に集中した方が音楽的にはいい、ということだろう。

とはいうものの、その内容からすれば舞台の上でお互い抱き合って歌う方が迫真的だろう。たとえ半時間以上もフルオーケストラのトゥッティに張り合うように歌う相手のすぐそばにいたらそれぞれ耳が悪くなってしまうかもしれないとしても。

僕は暑苦しい前半よりも、夢の中にいて現実世界から割り込んでくるような、ブランゲーネの「ヤバいよ」という声が響いてくるところが好き。

今日のトリスタンは夢の中どころか、ずっとしっかり目が覚めてあっけらかんとしていた。とうとう顔を見ることなく番組が終わってしまったブランゲーネも声は遠かったけど、別世界からの声というよりはやっぱり舞台の袖からの声に聴こえた。

イゾルデは安定して上手かったけど、風貌がどうも雅山を連想させて、ちょっとうら若き絶世の美女というイメージからは遠かった。

ワーグナーの歌劇楽劇はどうも大仰で見ていてシラケてしまうことが多いけど、「トリスタンとイゾルデ」だけはついその音楽に引き込まれてしまう。融通無碍というか角張ったところがなくてどんどん変化していって普通なら収拾がつかなくなるはずなのに、ちゃんと筋が通って集中力が持続する、他にない音楽。

でも、「トリスタンとイゾルデ」の舞台の録画DVDで気に入ったのがない。そもそもあまりタイトル数が多くないんだけど、イゾルデが絶世の美女に見えないのはしょうがないとしても、どれもお金持ちの有閑マダムの火遊びかなにかに見えてしまう。それもしょうがないのか。音だけならクライバーのドレスデンのやつがかっこいいけどブランゲーネだけは古いベームのルートヴィヒの方が好き。いかんな、オタク話みたいになってしまう。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 5

decafish

このトラックバックには笑った。
by decafish (2009-07-19 15:14) 

つるりん

ひょっとしてそれはギャグでやっているのか?
by つるりん (2009-08-05 18:22) 

decafish

うーん、よくわかりません。
8割がた天然だとは思いますが。
by decafish (2009-08-05 21:29) 

つる美

タイトル見て、コウノトリたんと居ぞるで、と思ったのは私だけでしょうか。

大空に、赤ちゃんの入った袋を咥えたコウノトリの大群が居ぞってる図が浮かびました。

イルジーもたぶんコウトの中では平気なんでしょうね。
だって男の子だもん(たぶん)

by つる美 (2011-01-09 14:56) 

decafish

古い記事にコメントをもらうと、何の話だったか忘れていて右往左往します。
実は僕も今回タイトルを見て「コウノトリ」と読んでしまいました。人間の文字認識メカニズムの不思議です。
でも「居ぞってる」ってどういう意味?

by decafish (2011-01-09 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る