So-net無料ブログ作成
前の16件 | -

NHK「中古品市場」 [日常のあれやこれや]

今週はじめからまた工場に来ていて、今夜ホテルに帰って来てニュースをぼーっと見てた。「メルカリ」みたいなユーザ同士で売り買いする中古品市場が成長しているという。僕自身は使ったことはないけど、飽きたら捨てるというバブル時代の感覚は僕にも馴染めなくて、そういうのはいいことだと思っていた。

例えば、ネットが普及する前、僕らの子供達が小さかったころ、幼児のための服や用品なんかを、女房が知り合いの範囲で使い回すということがあった。子供服なんかはすぐ小さくなってしまうので合理的だと思った。僕が子供の時代は父親や祖父が使っていたおくるみに僕自身が収まっている写真が残ってたりした。製品寿命の方が使用可能期間よりずっと長い、ということはよくあって、それは「ビンボくさい」とかではなくて長い人生の中での最適化と考えることができると思っていた。

そういうのとは全然違う使い方として、番組の中で「Facebookにあげた写真にいつも同じ服を着ていると思われるのがイヤ」なのでメルカリで安い中古品を買う、という話があった。

インスタグラムに上げるために必要以上に盛るなんていうことが普通らしいので、そういうのもあるんだろう。僕は別にそれぞれ好きにすればいい、と思うのでとやかくは言わないけど(もちろん僕自身はそんなのバカみたいと思うんだけど)、その話を聞いて昔の映画のあるシーンを思い出した。

それが何の映画だったかは思い出せない。たぶん小学生のころお袋に連れられて近所の三番館で見たハリウッド映画だったと思う。有閑マダム風の副主人公級登場人物が、パーティに着て行く服を悩んでいる。これは誰それの何々のときに着たし、これはあれで、これはそれで、とワードーローブにずらっと並んだドレスにダメ出しをする。

子供の僕は、大人の女は一度着た服は着ないのか、でもそれなら取っておく必要もないだろうに、となんとなくぼんやりと不思議に思った。

NHKのニュースを見て50年間完全に忘れていた記憶が蘇った。なにがびっくりしたと言って、僕の頭の中のいったいどういうところにそんなものが残っていたのか。最近数ヶ月から数年レベルの記憶がすっぱりと抜け落ちて他人から「あの時お前はこう言った」「こんなことをした」と言われて反論どころかウロがきて何の反応もできないということがよくある。

できることならそんな大昔のどうでもいい記憶領域を中期記憶のために使い回せないか、と切実に思ってしまう。

「メルカリ」に「余った記憶領域売ります」とかいうのはないだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その29 [ガウシアンビーム]

先に片付けたいことができたので、ちょっと間が空いてしまったけど、片付け終わったのでガウシアンビームの続き

前回までで基礎的な数学と物理的な意味、光学でのあつかいなんかをやってきて、だいたい僕が仕事でやっているレーザにまつわる計算の一般論みたいなものができたというつもりでいる。会社に若い後輩がいて、こういうことを基礎知識、というより教科書だけではないボディランゲージも含めたスタイルとして伝えられればいいんだけど、今いる会社に若い奴はいない、というか光学屋は僕一人なので、こういうところに書き散らすだけになってしまう。ちょっと寂しいというか、虚しい。

前の会社なら若いのもいたんだけど。まあ最近の若いのはそういうのを落語の内弟子みたいなもののように感じて敬遠するかもしれない。僕自身も他人との濃厚接触は、還暦を過ぎた今となってもすごく苦手だし。

まあそれはいいとして、今日からシメの測定の話をする。鍋で言うなら雑炊のような話だけど(そう言う比喩でいうと数学は昆布の出汁で物理の味わいは河豚の身で光学は白菜椎茸ネギ豆腐である)、本物の雑炊と違ってそのままだとかなりドロドロするので、うまくまとまった話になるかどうかよくわからないけど、始める.....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ベンチャースパコン社長がNEDO助成金詐欺で逮捕 [日常のあれやこれや]

PEZY Computing社長が逮捕されたと言うニュースを知った。NEDOの助成金にApplyした人なら多分みんな感じてるんじゃないかと思うけど、僕はなんで?と思ってしまった。
NEDOの審査を普通に通って、しかもスパコン性能を騙ったわけではなくてちゃんとした評価の結果、目標を達成しているのにどういう詐欺なんだろう。その社長が単なるファンドマネジャだという指摘もあるようだけど、架空の数字ではなく実際に動作させた結果で性能評価されてるはずだし、予定していたメモリデバイスが使われなかった、と言ってもそんなもの結果オーライのはずだし。

NEDOの助成金を申し込むならみんないいことばかり盛り込んでどこまでほんとだか本人にさえわからないのが普通だろうし、開発が最終的に失敗したとしてもそれが詐欺だとはみなされない。仙台にいたころ、ほとんどSFみたいなテーマなのに助成金を手に入れた連中を僕は身近に知っている(あれはNEDOじゃなくてA-STEPだったか。どっちにしてもそれがどうなったかは知らぬが花)。

研究開発なんて失敗したら結果的には詐欺みたいなものである。件の社長は成果をそれなりに出しているのに、それより悪質な犯罪行為っていうのが想像できない。前の会社で二十数年間ずっと研究開発を続けているという連中がいたけど、僕から見るとそのほうがずっと悪質に思える。あとは数の違いぐらいしかないんじゃないのか。ほんとのところはなんなんだろう。よくわからない。誰か解説してくれないかな。
nice!(0)  コメント(0) 

「生命を支えるATPエネルギー」読了 [読書]

二井將光著、講談社ブルーバックス。
1204atp.jpg

しさしぶりのブルーバックス。面白かったか、というとなかなか厳しい。僕はメカニズムそのものに興味があるのでそれなりに楽しんだけど、そうじゃない人には単なる事実の羅列に思えてしまうんではないかしら....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

白鵬への厳重注意 [日常のあれやこれや]

さっき工場での仕事から帰って来てホテルでテレビを見ていたら、ニュースで白鵬への厳重注意があったとのことを知った。いちいちうるさいわい、という気が僕はする。生中継を見ていた僕には、いつもいい子ちゃんだった白鵬の正直な本音の吐露と言うふうに見えた。

それを相撲協会はいかん、と言う。白鵬はむしろもっと具体的に言いたかったんだけど、さすがにそれはまずいのでああいう言い方になったんだ、と僕には思える。相撲協会は、お前はガタガタ言うな、いい子ちゃんでいろ、と言っているに等しいと僕は思う。

「横綱の品格」とか言うけど、それは別の次元の問題へのすり替えじゃないのか。昔、朝青龍への批判が多くて、最後には暴力問題で自らやめたんだけど、実態は朝青龍の方がキレてケツをまくった、というふうに当時の僕には感じられた。

白鵬がケツをまくるような事態になる可能性低いとは思うけど、仮にもしそうなったら、相撲という業界の腐臭に耐えられなくなった、と解釈すべきだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

macOSのバグ [日常のあれやこれや]

今朝、ホテルの部屋でテレビのニュースを見てると6時過ぎにmacOSのセキュリティ脆弱性のニュースをやってて驚いた。最近はAppleのニュースがない日はむしろ珍しいだろうけど、macOSのテレビニュースなんてほんとにめったにない。その中身があまりにレベルの低いバグなので、NHKニュース以外にもいろんなところでイジられているようである。

しかしこんなバグどうやったらできるんだ?ターミナルからだとどうなるんだ?GUI固有だとするとroot権限を得る手段がsetuid/setgidを経由する以外にあるということなのか?それっておかしいだろ?

最初にツィッタにあげた人がAppleに報告する前におおやけにしてしまったので、それを非難する声があるみたいだけど、普通の企業が普通のシステムでこんなバグを出したら、見つかった時点で後先関係なく即死廃業は間違いない。

デフォルトでrootが存在しないかのようにしたせいで、どこかに矛盾ができたのかもしれない。今日午前中にAppleからパッチが出たようだけど、権限取得移譲のメカニズムの矛盾だとすると、根は深くてパッチだけですまない可能性が高い。

昔のOS Xは小さくてシンプルだった。今のmacOSはAppleのmacOSセクションにとって大きく複雑になりすぎてるんじゃないのか。さらに、開発工数の比重がiOSに偏りすぎているというのもあるんじゃないのか。

僻みで言っているわけではないよ。いや、やっぱりひがんでるか。いずれにせよ、僕はmacOSを愛しているので、今回のバグは悲しい。
nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その8 [Raspberry Pi]

また今日から工場に来ている。今の会社で光学屋は僕一人で、今たまたまいろんなところから案件が来て僕がボトルネックになっている。ところで全然話は違うんだけど、日馬富士がやめちゃうのはさみしいなあ。安馬時代の十両優勝した後ぐらいからのファンだったのに。日本的シンボルだらけの「日馬富士」という四股名を襲名(とは言わないのか)したとき、親方の強烈な期待を表してるなあ、と思ったのが、ほんのついこないだのような気がする。

まあ、それはどうでもよくて、こないだ一応完成したD/Aコンバータとshairport-syncを乗せたRaspberry Piで古いアクティブスピーカをAirPlayスピーカに改造した話にオチがついた....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その7 [Raspberry Pi]

使ってないBoseの小型アクティブスピーカにI2S入力のD/Aとshairport-syncをRaspbianに乗せて、AirPlayスピーカとして生き返らせよう、という話の最終回。

前回半田付けした回路を箱に詰めてちょこちょことsystemdのserviceを書いてまとめる。これでとりあえずAirPlayスピーカは出来上がりとする....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その6 [Raspberry Pi]

I2S入力のD/Aとshairport-syncをRaspbianに乗せて、使ってないBoseの小型アクティブスピーカをAirPlayスピーカとして生き返らせよう、という細工の話。

これまで何回かやってきたけど、前回まででは何も作っていない。DACも仕様を調べただけだし、shairport-syncもとりあえず動かしただけ。今日からはphysicalに基板を半田付けしてスピーカに繋がるようにする....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その5 [Raspberry Pi]

I2S入力を受けるD/Aコンバータを使ってRaspberry Piから古いアクティブスピーカをAirPlay出力に対応させる細工をやってる。前回はRaspbian用のI2Sドライバをインストールして動作確認した。

今回はAirPlay互換サーバであるshairport-syncについて....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その4 [Raspberry Pi]

I2S経由でRaspberry Piから外部スピーカを鳴らす細工の続き。I2S信号を受けてアナログ信号を出すD/Aコンバータの仕様をちょっと詳しめにみてきた。データシートはたいてい斜め読みで済ます僕にしては珍しい。なぜかというとつくずく今の人が羨ましいなあと思えたから。

Raspberry PiにこのD/Aコンバータを接続して音を鳴らすためのドライバを調べてみる....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その3 [Raspberry Pi]

Raspberry PiのI2S経由で外部スピーカを鳴らす細工の続き。カタログ性能を見る限りは素晴らしいD/AコンバータのPCM5102の仕様をちょっと詳しめに眺めている。僕の若い頃にこんなのが欲しかった。今日は外部回路の残り...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

Raspberry Piの起動表示用LED その2 [Raspberry Pi]

工場で使っているRaspberry Piの全部に、シャットダウンしたら本体についている赤LEDを消すように手を加えた。工場の連中に、従ってこれが点灯している間はぶち、と電源を抜いてくれるな、という話をした。

ところが、これでは小さすぎてわかりにくい、装置によってはRaspberry Piは箱の中に入っていて開けないと確認できない、と文句が出た。ああ、確かにそうだよな、ともっともな文句であることを認めた。

Raspberry Piは全部ヘッドレスで確認手段がない、というのはそうなんだけど、そもそもクライアント(現状では全部ホスト側で動いているアプリケーション)はサーバ(この場合Raspberry Pi)との接続が確立できないと起動しないし、途中で切れたら切れたと言うダイアログを表示する(いい加減に書いたクライアントはクラッシュする)ので、本来はそれぞれのホストの上のクライアントの状態を見れば立ち上がっているかどうかはわかるはずである。

ようするに、装置がどうやって動いているか、が工場の連中に直感的には理解されていない、ということのようである。装置をインストールした時には説明したし、クライアントアプリのヘルプから呼べるpdfのマニュアルにはブロックダイアグラムなんかとして描いたんだけど、ホスト-サーバ間の通信はWiFiで、確かに現物の見た目からは接続関係がわかる状態ではない。

しょうがないので、USB直結LEDの復活である。これだと箱の外にでも引き出せるし。さらにこれだと見づらいMac miniの小さな白色LEDの代わりにもできるし。

ただ、僕の個人的な感覚から言うと「無駄」で「カッコ悪い」「美しくない」と思うんだけど、まあこういうもんだろ。僕が使うのではないわけだし。
nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その2 [Raspberry Pi]

また工場に来ている。多関節ロボットやエアシリンダでぎゅるぎゅる動く自動組立装置が並んでいるのが先端的な工場だと思っている人が多くて、しかも社内では偉くなるほどそう思っているみたいで、なんだかやりにくい。ああいうやりかたは僕に言わせれば「硬い自動化」であって、自動車のような大量生産かつ3K職場以外では急速に時代遅れになると思っている。

僕はもっとなんと言えばいいのか「柔らかい」設備にしたくて、それなりに説明をしているつもりなんだけど、最近どうも、僕が勝手にやってる感がなんとなく言外に感じられたりする。

ということで、気を取り直して、こないだの続き....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「ブレードランナー2049」 [日常のあれやこれや]

久しぶりに娘を誘って新作「ブレードランナー」を見に行った。映画はともかくとして、右隣からずーっと香ばしいポップコーンと、鳥の唐揚げに使うような香辛料の匂いが漂ってきていた。

主人公が感情移入検査されているシーンや、レプリカント会社の社長が秘書レプリカントを前にして哲学的な独白をするシーンとかでもずっとその、ポップコーンと唐揚げの匂いがするんだぜぇ。まったくもう。さっさと食って片付けるとかしないカップルらしくて、映画が始まってから1時間以上経って冷めてしまってるとしか思えないのに、ずっと同じ匂いがしていた。

アメリカ人かよ。
nice!(0)  コメント(0) 

I2SによるAudio出力 - その1 [Raspberry Pi]

ガウシアンビームの話があともう少しで完結できるんだけど、その前に片付けたいことができたので、脱線してそっちの話を割り込ませることにする。

僕が仙台に単身赴任していたころ、そこで使っていた古いアンプ付きスピーカBose Companion3を横浜に持って帰ってきたんだけど完全に余った状態になっている。横浜のうちでiTunesサーバとして使っているMac mini (Mid2010。これももとは仙台にいたころ東北大の研究室で使うために買った)の音声出力が繋がっていてまだちゃんと動くんだけど、なにせ古くて汚いのでよそ様に使ってもらう、というわけにもいかない。

さらにその古いMac miniは、今となっては電気喰いで(夏場はファンがうるさいせいもあって)電源の入るのが少なくなっているので、ほとんど鳴っていない。そのくせ専用のTimeMachineボリュームとしてUSB接続のHDDを持っていて、ごていねいに音楽ファイルのバックアップを取ってある。

そこで、iTunesサーバとしては僕のMBPなんか用のTimeMachineに使っているdebian Livaへ移動(この話は別途やろう)して、さらに女房が「余っているUSB接続のHDDはないか」というのでそのMac miniが抱いているTimeMachine用のHDDを渡すことにした。そうすると7年間使ってきたMac miniはとうとうお払い箱にすることができて、工場へ持って行ってクリーンルーム内無線のAPとファイルサーバとして余生を送ってもらおうと考えている。

そしてBoseのスピーカの方は、ネットワークスピーカとして改造することを思いついた。構想はこうである。
  • 余っているRaspberry PiにI2SインターフェイスのD/Aコンバータを乗せる
  • AirPlayスピーカとしてそのD/Aから音を出せるように環境整備する
  • Raspberry Piからスピーカの電源をON/OFFできるようなハードを追加する
というような感じ。古いMac miniから音を出すのに比べると消費電力は1/10ほどにできる。スピーカはアンプ内臓で、なにもしないときは電源を落としておかないと電気を食ってしまうんだけど、わざわざスイッチを切りにくのは面倒になって、結局使われないようになるのではないか、という危惧から電源制御もできるようにしようと考えた。

それぞれのディテールを考えてみる....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の16件 | -
メッセージを送る