So-net無料ブログ作成
前の16件 | -

アバド+マーラーユーゲントの9番 [クラシック]

台風をおしてまた工場に来ている。今日は移動に膨大な労力を費やしただけに終わって、仕事にならなかった。無駄に疲れた。

たまたまYouTubeでアバドがマーラーユゲントを振ったマーラーの交響曲9番を聴いた。こういった世界トップレベルに近い演奏を、十分鑑賞に耐える画質音質で、簡単にロハで見聴きすることができるというのはすばらしい。僕が子供の頃を考えたら本当に夢のようである。

とはいうものの演奏そのものは「?」が多いものだった。第1楽章はずっと一本調子で曲の持つ開放感が表現しきれず、退屈な曲になってしまった。本来そんな曲ではなくて、もっともっと深みと広がりと、そしてなによりも、こんな自由さというのが存在するんだ、ということを教えてくれる曲だと僕は思っている。

第2楽章もやり過ごし感の多い演奏だった。第1楽章に比べるとマーラーの筆が鈍ってるとしか思えないところもあるのでしょうがないかもしれない。しかもそこそこ長いのでこれを聴かせるというのはかなり大変ではある。

すばらしいのは第3楽章のブルレスケ。オーケストラの機能と機動性を両立させた名演だと僕は思う。トリオではツッコミが足りなくてダレもあるけど、主部はリズム感のはっきりした、まるで後先考えないというような潔い音楽になっていた。ソリストたちの技術の高さもある。全体としてのアンサンブルは、やはり世界水準には劣るかもしれないけど、オーケストラメンバの自負と度胸と意気込みが感じられて聴いていて気持ちいい。

コーダのプレストに入ってからはそれこそジェットコースターのようで、実に爽快だった。やはり運動能力の高い若い人が音を出しているからいいのかもしれない。僕は歳を食って運動能力が演奏能力に直接に影響するということを今更ながら知りつつある。

フィナーレは陰影のない妙に明るい場面が連続する不思議な演奏。こんなの初めて聴いた。一見スッキリしてるようでどこかドロドロしたところのあるマーラー独特の遠近感がなくなって、なんだかのっぺりした絵になってしまった。こういうのもありかな、とちょっと思ったけど、やっぱりこの音楽の本来の姿ではない、という気がする。僕としてはこのフィナーレのせいで残念感溢れるという評価になった。

最初に書いたように、このレベルの演奏がこのレベルの(少なくとも僕にとっては)高画質高音質で簡単にロハで鑑賞できる、というのはすごいことである。しかし、この一回の演奏のために指揮者とオーケストラメンバが重ねてきた時間と努力に釣り合った聴き方なのか、というと疑問は残る。

演奏者としてはその見返りは必要だし、でなければこのあと続けていくことは困難になる。昔はライブに参加するのでなければ、LPやCDというパッケージ、つまり入れ物を買うことで中身に対する対価を支払ってきた。それは中身に対して直接対価を支払う手段がなかったから仕方なしにそうしたに過ぎない。

しかしそうすると、また例によって売れなければならない、ということになってしまう。クラシック音楽の受け手の層は今では薄いので、AKBと同じシステムに乗ったのではやっていけない。アバドとマーラーユーゲントのCDを一人で五百枚買う奇特な人は存在しない。

パッケージの意味がなくなった今、なにかもっと直接的でみんなが納得できるシステムはできないものか、と思ってしまう。

やっぱりケイロンに行くしかないのか....
nice!(0)  コメント(0) 

選挙と台風 [日常のあれやこれや]

今日午後家族4人で雨風の中を投票に行ってきた。下半身がぐしゃぐしゃ水浸しになって帰ってきた。

選挙のあと、投票のためにうちに帰ってきた娘と話した。政治の話ではなく(小選挙区制は最悪という話はしたけど)選挙のたびに思うんだけどなぜ政治家たちはPA(Public Address)を整備しないのかということである。今回の選挙でもニュースや街頭で彼らが演説する姿を見た。たいてい割れた音で聞きづらい。勢いはあるかもしれないけど、何を言ってるのか聞き取りにくい。特に僕は若い頃突発性難聴を患って耳が悪いせいもあるけど。

街頭でエコーキャンセルは無理だとしても、ちょっとしたイコライジングで聞き取りやすさはずっと改善するはずである。そしていつも気になるんだけど、みんな必ずマイクを束にして持っている。マイクにつながるシールドケーブルは非常に重いもので、束になると捧げ続けるのにも力がいるし、体の動きはかなり制限される。また、束になったマイクのせいで顔の下半分は聴衆からは見えづらくなる。

例えば下の写真を見てもらいたい。
1022publicaddress.jpg

上の小池君の右手は挨拶するように上げられているが左手は死んでいる。またマイクのせいで口元は見えない。下の聴衆から見れば顔半分がマイクに隠れるはずである。一方トランプ君は両手がフリーで(上からのショットのせいもあるけど)顔全体を見ることができる。ニュース映像を見てもらえばわかるけど、トランプ君が演説でマイクを手にしているシーンはほとんど見つからない。巨大なフットボールスタジアムでの演説であっても音が割れることなんてないし、録音では完璧なエコーキャンセルがされている。語られる内容は別にして、トランプ君の方が人を説得しようというボディランゲージが感じられる。

前大統領のオバマ君も全く同じで、上半身は完全フリーで小さなマイクが2本肩のあたりを狙っているだけ以外のシーンを探すのは難しい。一方、日本の政治家の演説のニュース映像で、両手をフリーにしたシーンを僕は見たことがない。前も書いたけど技術的には米国でできることが日本でできないなんてことはない。

政治家は人を説得するのが仕事のひとつである。そのときに話す内容にも増して、顔の表情やボディランゲージは重要だし、ましてや話す言葉が聞き取れない、なんてことはもってのほか、のはずである。なのに彼ら日本の政治家たちはそろってそういう「他人に伝える」という姿勢に無頓着なように見えるのはなぜなのか?

状況からそうせざるを得ない、という話をよく聞くが、それは本末転倒である。なんのための演説なのか。PAとは音楽ライブやステージ用語ではなく、本来は演説のためのものだった。

たったそれだけの障害のために彼らの訴えは言葉を組み立てた論理としてではなく、我々には音響の塊としか認識できない。主張する人間としての表情は奥まったところに隠されて、何か言ってる、ぐらいにしか我々には伝わってこない。

そもそも、演説でのPA整備なんていう簡単な、技術的には何の問題もない事柄さえ状況に絡め取られて改善できない人に、改革を訴えられても「そりゃ無理だろ」「心にもないことを」としか思えない。

今回は台風のせいでまたさらに投票率が下がるんだろうけど、それは投票する側の問題だけでなく、される側の姿勢にも大きな問題があるとしか僕には思えない。


ところで、低気圧が急速に近づくと、僕は子供のころの膝関節炎のあとがしくしく痛む。なぜかはよくわからない。また耳の患いのせいかいっしょに頭が痛くなることもある。今回の台風はそれがひどい。なのに明日は朝から工場出張なんだよな。

厳しい。
nice!(0)  コメント(0) 

火星の北極の地形 [日常のあれやこれや]

14年3月のタイムスタンプなのでかなり旧聞になるけど、こんなのを知った。
1017mars.jpg
MROが火星の北極を撮影したもので、20m幅で高さ1mほどの二酸化炭素と水の個体の小山が何百キロも連続しているらしい(しかしHiRISEカメラの解像度すごいな。ここに人が立ってたらわかるってことじゃん。寝転がってたら体型までわかる。反射型の勝利なのか)。

これってスペックル模様じゃん、と思った...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その28 [ガウシアンビーム]

先月末から工場へ行ったり来たりドタバタしている。先日友人とメールのやり取りをしていてふと思った。若い頃前の会社では忙しいとほんとにへろへろになるまで仕事をしていた。今でも忙しいと土日のあいだずっと計算を回していたり、夜中に寝ていてふと思いついたことを布団の上に起き上がってメモしたり、ということはするけど、残業はほとんどしないし、食事や睡眠にしわ寄せすることはまったくなくなった。それは体が言うことをきかなくなってきたというのもあるけど、僕が今の仕事を、他人事ではないにしてもどこか「ゲーム」のように考えている、ということに気がついた。

若い頃はスケジュールを狂わせるのや他人に迷惑をかけるのとか、あるいは僕自身が役に立たなくなって家族が路頭に迷うような状況が怖かった。最近はそういった不安や恐れを感じることがなくなった。今の仕事も僕がやりたいからかってにやってる、と言う感じがする。むしろ集中力や思考力が低下してやりたいことができないことに対する焦りの方がずっと強い。

子供たちが独立して義務感を感じる対象がなくなった、というのもあるし、ほんとだったら技術屋としては引退してる歳を越してるというのもある。しかし残りの人生を遊んで暮らせるような蓄えはないし、この先何が起こるかはわからない。そう言う状況で、これでいいんだろうかと思わないといけないのではないか、と言う気がする。

でも、どうやらそれは僕には難しいらしい。ということでガウシアンビームの続き。「その1」から「その15」までに物理の話、代表的な数値の確認近軸理論瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、$z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらい近軸理論との齟齬近軸マトリクスによるガウシアンビームの伝播計算その個人的な印象収差がある場合のウェスト付近の場Fraunhofer回折計算のコツガウシアンのケラれとやってきた。今日はケどのくらいのケラれならガウシアンだとみなせるかについて....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

macOS10.13でNSSavePanelが作れない [日常のあれやこれや]

先週自分のMacBook Pro、iMacとそれから本社にあるデモや調整用の設備に使っているMac mini数台を一斉に10.13に上げた。MBPはファイルシステムがAPFSに変わっていた。HDDやハイブリッドHDDはHFS+のままになってる。中身が入ったままファイルシステムを変更するなんてどうやるんだろう。HFS+とAPFSはi-nodeの構造が違うだけで、もとのHFS+の中身は保ったままi-nodeだけを書き換えるんだろうか。MBPのSSDは128GBで残り10GBぐらいでずっとやりくりしてるので、そんなやりかたでないと無理だよな。

まあそれはいいとして、10.13に落とし穴が待っていた。
    NSSavePanel *savePanel = [NSSavePanel savePanel];
ただこれだけで、クラッシュする。最終的に__NSDictionaryMという内部クラスのオブジェクトにnilが代入されることで例外が発生していた。こんなのごく普通に使ってきたので、まさかこれだけでダメになるなんて思ってもなかった。たしかに10.12でも特定の設備用アプリでsave panelを作るたびにlogに変なゴミが溜まっていくな、とは思っていた(関係ない文字列でキー値コーディングを呼んだ、というんだけど僕の知らない文字列ばかり)。けどそれでも動いていたのでそのうちによく見よう、と思いながらほったらかしになっていた...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

カズオ・イシグロの文学賞 [日常のあれやこれや]

今年のノーベル文学賞はカズオ・イシグロだとニュースで知った。彼は僕と同世代で、SFと分類される作品もあるのでいくつか読んだことはある。SFというよりはかなり濃いめ恐ろしめのファンタジーという印象で、でももう読んだのは昔のことなので中身は全然覚えていない。

まあ、とはいうものの去年のボブ・ディランに比べれば随分まっとうに思える。さすがにノーベル文学賞に揺り戻しがあった、という感じがする。その意味でずっとよかった、と僕は思う。あまりに恣意的な選出はもうやめるべきだろう、というかもうたくさんである。そして、カズオ・イシグロにやれるなら安部公房やスタニスワフ・レムが生きてるうちにやれたのではないか、とも思う。何度も書くけど。ほんとに何度も書くけど。

でもニュースでの、まるで日本人が賞を受けたかような扱いに違和感を覚える。南部さんがノーベル物理学賞を受けたときのニュースの扱いに感じたような違和感である。ことさらに日本人あるいは日本をルーツに持つことを強調しなくても、その人それ自身として評価できないものか、と思う。

僕はカズオ・イシグロ作品の全部を読んだわけではないけど、僕以上に彼の作品を読んでない人が、だから日本人はエラい、と言うようなニュアンスの発言をするのは、なんだかなあ、と思ってしまう。
nice!(0)  コメント(11) 

なつかしい「The Manhole」 [昔話]

仕事に使っていたワークステーションからMacに強制的に乗り換えさせられたあと、ある人が仕事とは関係ないフロッピーディスクの束を僕に貸してくれた。その人は乗り換え指示をした僕の直属の上司の会社での友人で、別の部署の当時課長(社内では数少ない光学の先輩)だった。その人は社内では珍しく僕より先にずっとMacを使っていた...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

日曜美術館「ゴッホ」 [日常のあれやこれや]

日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ ゴッホ」を見た。面白かった。

子供のころはゴッホは嫌いな画家だった。もちろん本物を見たことはなかったんだけど、ただただ暑苦しく押し付けがましく、否定されることを否定するような絵だと思っていた。高校に入ったころゴーガンとゴタゴタのあげくの耳切り事件の話を知って、そら見たことかそういうやつなんだ、こういうやつとは付き合えない、と思った。

子供の頃の僕にはゴッホの絵は過激すぎたんだろうと思うけど、大人になっても好きな画家にはならなかった。普通に見ればほとんど狂人で周りの他人に迷惑を振りまくのに、一旦絵を描きだすと冷静な客観性と深い分析力、緻密な構築力を存分に発揮する。でもやっぱり僕は、例えば夜空と糸杉の絵は、それがどんなに凄くても完全に病気だ、と思っていた。

でも僕も歳を喰うにしたがって、まあありかな、ぐらいに思えるようになった。子供の頃感じた恐ろしさは和らいだ。逆に退屈な画家の絵を見るとゴッホを見習わんかい、と思うぐらいになった。でも決して今でも好きな画家というわけではない。「ゴッホが好き」という人はよくいるけど僕にはそれが「ラッセンが好き」と言ってるのと同じに聴こえる。いや、ネタじゃなくて。

今日はゲストが良かった。しりあがり寿と松嶋尚美が好きかってなことを言って、それに対して阪大の先生が豊富な知識をもとに的確な注釈をするという三題噺的なやりとりが面白かった。

今回初めて知ったんだけど、ゴッホは速筆家だったらしい。多い時は2日で1枚の絵を描いていたことになる。僕は貧乏性なので筆跡が強く残る分厚い絵の具を見るだけで、絵の具代にいったいいくらかかったのかと心配になってしまう。

面白い話がいくつかあったんだけど、結局やっぱりゴッホは僕には好きな画家とは言えないな。ラッセンは好き嫌い以前にかなわんけど。
nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その25 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームの続き。「その1」から「その15」までに教科書的な話、そのあと代表的な数値の確認近軸理論瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらい近軸理論との齟齬近軸マトリクスによるガウシアンビームの伝播計算その個人的な印象とやってきた。今日は収差の乗ったガウシアンビームの計算法について....

ところで、ガウシアンビームの伝播計算を「そんな理想的な計算をしても意味がない」とバカにする人がいる(はっきり言えば前の会社ではそういう意見がメジャーだった)。しかし結像系レンズと違ってN.A.は低いし画角をとることはないので、理想的な計算をしても現実とよく合う、というのが僕の印象である。「全然合わない」という人は磨きのヘボなレンズを使ってるか、アラインメントがヘボなことが多い、と僕は思う。

ずっと昔(十数年前)、大阪郊外のある大学の研究施設を借りて大型定盤の上にレーザのビームを回していたある超有名電気メーカの研究者がいた。ぐるぐると飛ばしてたあげく、必要な場所に絞り込んだスポットの強度分布がぐちゃぐちゃになってて、

「こんなんあかんわ」

と言ってた。彼がほったらかしにしたので僕がそれをじっくり見ると(「続きをやる」と言ってくるかもしれないので、とりあえずいじらないでくれ、と施設の持ち主である先生から言われた。僕はそのレーザの波長で実験できればよかったので、ミラーで取り分けて巨大定盤の隅っこに配置した光学系に取り込んだ)、レーザの出口が定盤から76mmちょっと(この数字でなんのレーザを使っていたかわかるな)を合わせ鏡のクランクで150mmにしてある。そのあと結構しっかりしたスタンドに差し込んだロッドの上にレンズが固定されてて、そういうレンズをいくつか通過するうちに、定盤からの光軸の高さがいつのまにか200mmを超えていて、ロッドの長さギリギリになっている。

「あかんのはあんたのアラインメントやろ」

と密かに思っていたけど、件の人物は装置を投げ出して他所で全然別のことをやり始めた。僕はそのあとのレーザを含めた巨大定盤とそれが設置されているフロアからレンズやメカ部品をそのまま借用できることになった(そのせつは中百舌鳥の先生ありがとうございました)。当時の僕にとっては非常にありがたかったけど、これを読んだ若い光学関係者には、このエピソードから反面教師の存在を学んでいただきたい....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その24 [ガウシアンビーム]

先々週あたりから他人のつまらない尻拭いのために工場を何往復もしていて本来の仕事ができないし、疲れも取れない。正直ムカムカしてる。今日は今日で台風が夜中に近づいたせいでめまいと膝の痛みに悩まされた。平気なときは平気なんだけど、何かの拍子に低気圧の接近で具合が悪くなる。そのときはいつも子供の頃患った膝関節炎のあとが痛む。せっかくの休みをただ寝て過ごしてしまった。

まあ、それはいいとして、ガウシアンビームの続き。「その1」から「その15」までに教科書的な話、そのあと代表的な数値の確認近軸理論瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらい近軸理論との齟齬近軸マトリクスによるガウシアンビームの伝播計算とやってきた。今日は前回の近軸マトリクスによる方法に関する僕の印象を簡単にまとめて、次の話題に入る。次は収差のある場合について....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

日曜美術館「アンドリュー・ワイエス」 [日常のあれやこれや]

今夜の日曜美術館の再放送「ワイエスの描きたかったアメリカ」を見た。僕はアメリカの画家は音楽におけるシューマンみたいに使われている言語がよくわからないせいで、なかなか理解できない(それは単に僕がそのボキャブラリを持ってないからに過ぎないんだけど)。ワイエスも本物は見たことはないんだけど画集なんかで見てやっぱりよくわからない、と思っていた。

一番有名な「クリスティーナの世界」も、つれない愛人に追いすがる不倫の人妻の絵だと(若い頃見たせいもあるかも)ずっと思っていた。すがるような女の上体、愛人を捕まえようとして草を掴んでしまっている左手指、丘の上の家にはその愛人がいるのだ、とばかり思っていた。描かれている女性の足が不自由だったということはこの番組で教えてもらった。

僕の見る目がなかったと恥じるんだけど、それはいつものことなのでそういう恥ずかしさには慣れっこになっている。でもワイエスの絵ってやっぱりどこか言葉を過剰に要求しているように思える。僕は絵は絵だけで存在すべき(それは音楽は音楽だけで存在すべきだと考えている延長だけど)だと思っている。もちろんワイエスも言葉を補って欲しいとは考えてなかったのは明らかだけど、彼の絵は絵から言葉が溢れ出てしまっているように思える。キーワードをひとつ与えるとそれをきっかけに自らを説明しようとする饒舌さがあるような気がする。「クリスティーナの世界」も描かれた女性の足の話を一言聞いたとたんに、僕は絵のそれぞれの部分が、不倫の人妻ではなく不自由を受け入れて日々の生活をする気丈な女を表しているように一気に入れ替わってしまった。

それはわかりやすさでもあるし、説得力でもある。でも逆に危険でもある。番組では言及はなかったけど、例えば最近のアメリカの移民排斥、白人至上主義に対する反論として彼の絵が取り上げられてしまう可能性がある。人間の内面を掘り起こそうと思って描いた絵が、下手をすればわかりやすい象徴として利用されて消費されてしまいかねない。それは絵の主題からは間違っていないとしても、絵にとってその作者にとってそれは不幸である。とくにワイエスの絵にとってはなおさらである。

ところで僕はワイエスが晩年に描いたという「スノーポール」にショスタコーヴィチの交響曲15番を連想してしまった。過剰な言葉と、言葉を超えた何かがあるような気がして。
nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その23 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話の続き。教科書的なガウシアンビームの話を「その1」から「その15」までに、そのあと光学に固有の問題のために代表的な数値の確認近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらい近軸理論との齟齬についてやってきた。今日は前回定義した複素パラメータと近軸マトリクスを組み合わせてガウシアンビームのパラメータを追跡する方法をまとめる....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その22 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話の続き。教科書的なガウシアンビームの話を「その1」から「その15」までに、そのあと光学に固有の問題のために代表的な数値の確認近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらいとやってきた。今日からガウシアンビームの伝播を近軸マトリクスで表す話に突入する。今日はまずガウシアンビームの複素パラメータを定義する。それに関して些細ではあるけど困った齟齬について....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

TimeMachineのstretch化 [日常のあれやこれや]

ああ、こういう計算好きだなあ。目的と手段のギャップが大きいことはよくあって、高邁深淵な目的と卑近な手段というのが普通だけど(別に政治家を皮肉っているわけではない)、この話では向きが逆転してる。馬鹿馬鹿しい? いや僕もこうありたい。

ここではその話ではなくて、Raspberry Piのstretchへのアップグレードが拍子抜けするほど問題なかったので、うちでTimeMachineとして使ってるdebianをインストールしたLivaもstretchにあげようとしたら、こんどはハマった...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の16件 | -
メッセージを送る