So-net無料ブログ作成
検索選択
前の16件 | -

ガウシアンビームの光学 - その24 [ガウシアンビーム]

先々週あたりから他人のつまらない尻拭いのために工場を何往復もしていて本来の仕事ができないし、疲れも取れない。正直ムカムカしてる。今日は今日で台風が夜中に近づいたせいでめまいと膝の痛みに悩まされた。平気なときは平気なんだけど、何かの拍子に低気圧の接近で具合が悪くなる。そのときはいつも子供の頃患った膝関節炎のあとが痛む。せっかくの休みをただ寝て過ごしてしまった。

まあ、それはいいとして、ガウシアンビームの続き。「その1」から「その15」までに教科書的な話、そのあと代表的な数値の確認近軸理論瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらい近軸理論との齟齬近軸マトリクスによるガウシアンビームの伝播計算とやってきた。今日は前回の近軸マトリクスによる方法に関する僕の印象を簡単にまとめて、次の話題に入る。次は収差のある場合について....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

日曜美術館「アンドリュー・ワイエス」 [日常のあれやこれや]

今夜の日曜美術館の再放送「ワイエスの描きたかったアメリカ」を見た。僕はアメリカの画家は音楽におけるシューマンみたいに使われている言語がよくわからないせいで、なかなか理解できない(それは単に僕がそのボキャブラリを持ってないからに過ぎないんだけど)。ワイエスも本物は見たことはないんだけど画集なんかで見てやっぱりよくわからない、と思っていた。

一番有名な「クリスティーナの世界」も、つれない愛人に追いすがる不倫の人妻の絵だと(若い頃見たせいもあるかも)ずっと思っていた。すがるような女の上体、愛人を捕まえようとして草を掴んでしまっている左手指、丘の上の家にはその愛人がいるのだ、とばかり思っていた。描かれている女性の足が不自由だったということはこの番組で教えてもらった。

僕の見る目がなかったと恥じるんだけど、それはいつものことなのでそういう恥ずかしさには慣れっこになっている。でもワイエスの絵ってやっぱりどこか言葉を過剰に要求しているように思える。僕は絵は絵だけで存在すべき(それは音楽は音楽だけで存在すべきだと考えている延長だけど)だと思っている。もちろんワイエスも言葉を補って欲しいとは考えてなかったのは明らかだけど、彼の絵は絵から言葉が溢れ出てしまっているように思える。キーワードをひとつ与えるとそれをきっかけに自らを説明しようとする饒舌さがあるような気がする。「クリスティーナの世界」も描かれた女性の足の話を一言聞いたとたんに、僕は絵のそれぞれの部分が、不倫の人妻ではなく不自由を受け入れて日々の生活をする気丈な女を表しているように一気に入れ替わってしまった。

それはわかりやすさでもあるし、説得力でもある。でも逆に危険でもある。番組では言及はなかったけど、例えば最近のアメリカの移民排斥、白人至上主義に対する反論として彼の絵が取り上げられてしまう可能性がある。人間の内面を掘り起こそうと思って描いた絵が、下手をすればわかりやすい象徴として利用されて消費されてしまいかねない。それは絵の主題からは間違っていないとしても、絵にとってその作者にとってそれは不幸である。とくにワイエスの絵にとってはなおさらである。

ところで僕はワイエスが晩年に描いたという「スノーポール」にショスタコーヴィチの交響曲15番を連想してしまった。過剰な言葉と、言葉を超えた何かがあるような気がして。
nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その23 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話の続き。教科書的なガウシアンビームの話を「その1」から「その15」までに、そのあと光学に固有の問題のために代表的な数値の確認近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらい近軸理論との齟齬についてやってきた。今日は前回定義した複素パラメータと近軸マトリクスを組み合わせてガウシアンビームのパラメータを追跡する方法をまとめる....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その22 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話の続き。教科書的なガウシアンビームの話を「その1」から「その15」までに、そのあと光学に固有の問題のために代表的な数値の確認近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法近軸マトリクスのおさらいとやってきた。今日からガウシアンビームの伝播を近軸マトリクスで表す話に突入する。今日はまずガウシアンビームの複素パラメータを定義する。それに関して些細ではあるけど困った齟齬について....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

TimeMachineのstretch化 [日常のあれやこれや]

ああ、こういう計算好きだなあ。目的と手段のギャップが大きいことはよくあって、高邁深淵な目的と卑近な手段というのが普通だけど(別に政治家を皮肉っているわけではない)、この話では向きが逆転してる。馬鹿馬鹿しい? いや僕もこうありたい。

ここではその話ではなくて、Raspberry Piのstretchへのアップグレードが拍子抜けするほど問題なかったので、うちでTimeMachineとして使ってるdebianをインストールしたLivaもstretchにあげようとしたら、こんどはハマった...

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

Raspbian stretch [Raspberry Pi]

先々週Raspbianの新しいバージョンであるstretchが出た。本家のdebian9.0が6月でそのあとすぐ9.1が7月だったらしいので随分速い(Raspbianのインストールパッケージ2017-08-16は9.1ベース)。試してみようと思ってjessieと同じことをやってSDカードを作った。どうせ僕はSDカードに自分のソースやデータのファイルはないのでメジャーバージョンアップはすっぴんインストールしている。フォーラムではネットワークインターフェイスの設定が変わってしまってWiFi接続に苦労してる人がいるので、どうかな、と思ってやり始めた....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

英語が喋れない [日常のあれやこれや]

今日仕事で米国から来た技術者と話をした。レーザのノイズ制御が専門のPh.D.で近い分野の技術者同士ということで彼は僕に対して非常にフレンドリーに接してくれて突っ込んだ話をしてくれたんだけど、僕からはほとんどまともなやりとりができなかった。彼のしゃべる英語は7割がたはわかるんだけど、僕のほうは言いたいことが頭の中で文章にならず、断片的な単語の羅列になってしまった。それこそ完全に「ミー、ターザン、ユー、ジェーン」になってた。

つい先日、日本語が聞き取れない話を書いたけど、英語はしゃべる方が難しくなっているような気がした。ずっと昔仕事でシンガポールを往復してたころ、これほど不便だったことはなかったように思う。

でもまあ、シンガポール人の英語はめちゃブロークンで、当時は自分たちの英語のことを自嘲的に「Singlish」と呼んでいた。当時の僕の英語も似たようなものだったのかもしれない。シンガポール人独特のジョークは理解できないことが多かった(みんながどっと笑ったけど僕だけわからなくてキョロキョロしてるのに誰も「He's jokin', jokin'」としか言ってくれない)けど、それ以外で不自由だったという印象はなかった。

そのあと十数年ほど前、仙台に行くことになってある共同開発テーマを急いでひと段落させる必要ができて、米国東海岸の光学測定機メーカに年に2〜3回ぐらいのペースで行ってた時も、そんなに不自由は感じなかった(9.11の影響で面倒なことは何度もあったけど)。しかしそれも、訪問先の技術屋たちがずいぶん気を遣ってくれているという感じがずっとしていたので、実は僕の英語力とは無関係にその気遣いのお陰だったのかもしれない。

今の会社のお客さんはほとんどが米国とヨーロッパなので英語が不自由だと困ったことになる。かといっていまらさこの歳で訓練しても上達はしないよなあ。日本語でさえどんどん怪しくなるもんなあ。できてる人に訊いても、どうせ

「訓練を続けてれば劣化しないよ」

とか言われるんだろうなあ。それって僕の書いたソフトがトラブったときに

「僕のMacでは動いてるよ」

って弁解するのと同じだと思うんだけどなあ。

ああ、ちょっと違うか。
nice!(0)  コメント(0) 

歳のせいか [日常のあれやこれや]

耳から入る日本語を解釈する能力がどんどん劣化している。ようするに聞いただけでは何を言っているのかわからないことが多い。多くのジジイがよく発するダジャレは、聞いた言葉を解釈し間違った結果ではないか、と思うようになってきた。

解釈し間違うぐらいならまだいい。何言ってるのかまったくわからない、ということがある。例えばアニメ「グルグル」のエンディングなんか、そもそもまるで高座での春団治のような、ぼそぼそぼそぼそ言うようなボーカルのせいもあって、最初から最後までまったくわからない。まだ「あずまんが」アニメの方がマシだった。ほんとに何を言ってるんだ、あれは?
nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その21 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話の続き。今日からの何回か、長いこと続けてきたガウシアンビームの話のさわり、僕が一番書きたかったことをやる。

これまで「その1」から「その15」まででガウシアンビームをまとめた。そのあと光学に固有の問題のために代表的な数値の確認近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータガウシアンビームの場の特定法を考えた。今日からガウシアンビームを近軸理論と絡ませる....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

静力学がわからなかった [昔話]

僕は子供の頃(つまり半世紀前)、理科と図工が得意だった。普段からちまちまと手を動かして何かを作るのが好きだったので、器用に手先を使う訓練を積んでいたことがたまたま図工にはよかったんだろう。また、理科は物理的な分野だけでなく、化学的、生物学的な分野でも得意だったが、それがなぜだったかはよくわからない。一方で、算数は自分ではわかったつもりだったけど、計算をすぐ間違うので成績は悪かった。国語では設問とその答えが頭の中で全く結びつかなかったし、社会なんかはそもそも何を話題にしているのかさえ理解できなかった。

さらに、小学校中学と僕は授業中にほとんど質問をしたことがなかった。わからないというと先生はたいてい
「どこがわからないのか」
と質問した。それにどうしても答えられなかった。わからないことにここもあそこもない、と思ったのでつい
「....全部が....」
と言ったときには先生は怒りだした。子供の頃の僕は自分の疑問点を特定して言語化する能力を完全に欠いていた。

親しい友達もわずかしかいなかったし、その数少ない友達には成績が少しでもマシなのも皆無だったので、小学中学と僕はわからないところは自分で解決するか、できない場合には放置するという癖がついた。いきおい放置することが多くなって、そのあとは授業についていくことができなくなった。することもないので授業中ずっとぼーっとしていた。

中学になって、得意だった理科でわからないことがでてきた。はたから見るといつもの通りただぼーっとしてるように見えただろうけど、僕の内面はほとんどパニックだった....

続きを読む


ガウシアンビームの光学 - その20 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話の続き。これまで「その1」から「その15」まででガウシアンビームの教科書的なあつかいを(ちんたらと)まとめた。そのあと光学に固有の問題のために代表的な数値の確認近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子$z$、 $z_R$とは別のパラメータを考えた。今日はパラメータの取り方を含めて、ウェスト以外のところでのガウシアンビームの場を特定することを考える....

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ヤルヴィとN響 [クラシック]

Eテレ13日夜のクラシック音楽館を聴いた。ターニャ・テツラフのチェロでシューマンの協奏曲と、シューベルトの8番。ターニャのなんだかしゅっ、としたチェロはカッコいい。でも僕はシューマンのオーケストラ曲が苦手なせいで十分理解できない。どうも僕にはシューマンの言うことが外国語に聴こえてしまう。

シューベルトの8番は齟齬が大きかった。ヤルヴィは軽く軽くやりたいのにN響がついてかない、という感じがする。第1楽章の序奏がかなり速いスピードだったり、第2楽章のアンダンテがその序奏よりもさらに速いんだけど、軽さよりも慌てた感じがしてしまう。

3楽章のトリオもオーケストラが遅くしたがっているように聴こえてしまった。そのせいでなんだか落ち着かないざわざわした感じのままトリオがやり過ごされてしまう。主部に戻ると最初にやったよりもなんだか落ち着かない。

フィナーレはもともと落ち着きのない曲なのでそれほど目立たずに済んだ、という感じ。でも、展開部にある特徴的なひびきの重い小節から戻ったときに、そのままその重い雰囲気を引きずっている。僕が考えるシューベルトでは、そこであっさりともとに戻らなければいけない。

前にも書いたけど、僕は子供の頃このフィナーレを聴いて、明るい曲想にもかかわらずいつ果てるとも知れない繰り返しのせいで、ふいにぽか、っと暗い落とし穴が開いてるような空恐ろしい感じがして、怖くていつまでも好きになれなかった。これを聴いて僕はそれを思い出した。

指揮者がすべてコントロールできるわけではないにしても、あまりにも考えていることが違いすぎる、という印象が僕には残った。ヤルヴィとN響のどっちのせいなのか、は僕にはよくわからなかったけど。
nice!(0)  コメント(0) 

ガウシアンビームの光学 - その19 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話。僕としては徐々に佳境を迎える、という雰囲気を醸し出したい。これまで「その1」から「その15」まででガウシアンビームの教科書的なあつかいを(ちんたらと)まとめた。いい近似は実りも多いという実例である、と僕は思っている。そのあと光学に固有の問題のためにまず代表的な数値の確認と基礎となる近軸理論をおさらいして、瞳から出たガウシアンビームがウェストを迎える様子を考えた。今日はそれのちょっと違った表現を考えてみる....

続きを読む


ガウシアンビームの光学 - その18 [ガウシアンビーム]

ガウシアンビームのお話。これまで「その1」から「その15」まででガウシアンビームの教科書的なあつかいを(ダラダラと)まとめた。そのあと光学に固有の問題のためにまず代表的な数値の確認と基礎となる近軸理論を簡単にすませた。今日はもう少し具体的に、光学系の瞳から出たガウシアンビームがその先でウェストを迎えるところをイメージしてみる....

続きを読む


Raspbian設定 [Raspberry Pi]

また工場に来ている。こないだ借り上げアパートで熱中症になったので今回はホテル。でもシーズンなのでまともなところは満杯。今いるホテルはなかなかすごいところだけど、空調があってネットが来てるだけアパートよりマシ。

ところで遊びや仕事で買ったRaspberry Piがもう10個を超えた。全部でいくつあるのかはっきりとはわからなくなってる(若い頃と違って心情的には十進二桁は無限大と同じ)。しかもどれがどれだかわからなくなってきたので、Raspberry Pi 3(あるいはそれ以降)は全部同じ設定にしなおすことにした。家と横浜のオフィスと工場にバラけてて、会社の方針でvpnは導入しない、ということになった(単に僕しか使わないのに月々費用がかかる)ので管理が面倒になってきた。全部がホスト名以外同じならちょっとでも簡単になるのではないかと期待して。

いつからかは知らないんだけどRaspbianはNFSをルートファイルシステムにしたネットワークブートができるようになったらしい。とりあえず今でもローカルのSDカードにはなるべく書かないようにはしてるんだけど、仕事で使ってるやつはSDカードが壊れたら困るのでネットワークブートにしたい。

でもたぶんかなり遅いだろうし、僕としては全部切り替えるにはまだちょっと時期尚早に思える。とりあえずRaspberry Piをヘッドレスで使うための同じ設定のSDカードを作る手順を備忘録として書いておく。例えばRaspberry Pi Zero Wみたいなのは特にそうだけど、モニタキーボードなしでインストールしようと思う人には参考になるところがあるかも....

続きを読む


ガウシアンビームの光学 - その17 [ガウシアンビーム]

これまでガウシアンビームの教科書的なあつかいはこの「その1」から「その15」まででおしまい。もちろんこの数学と物理がないと何も前に進まないけど、今日からはガウシアンビームの光学的なあつかい、つまり数値計算も含んだもう少しドロドロした話に突っ込むことにする。

今日は準備として、まず近軸光学を思い出す....

続きを読む


前の16件 | -
メッセージを送る